【MLB】大谷翔平、サイ・ヤング賞左腕相手にベンチスタートからの今季14号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は17日(日本時間18日)、敵地Tモバイル・パークで行われるシアトル・マリナーズ戦で4試合ぶりにスタメンを外れ、ベンチスタートとなった。

大谷は前日の試合で投打同時出場。6回3安打無失点の好投で今季5勝目を挙げ、打者としても4打数2安打で連続試合安打を今季最長の「11」に伸ばした。エンゼルスは大谷や2本塁打を放ったマイク・トラウトの活躍もあり、4-1で勝利し連敗を「3」で止めた。

◆大谷翔平は「マウンドで輝いていた」 完勝呼び込む“エースの働き”を現地メディア称賛

■6月は打率.315、OPS.920

相手先発のロビー・レイは昨季サイ・ヤング賞に輝いた本格派左腕。今季は13先発で5勝6敗、防御率4.52と今ひとつの成績だが、12日(同13日)の前回登板では、ボストン・レッドソックス相手に7回無失点と好投している。大谷が代打出場となれば、キャリア初対戦となる。

大谷は自己最長タイの11試合連続安打をマークするなど、6月は打率.315、OPS.920と好成績を残している。好機に代打登場で、豪快な今季14号アーチを見せてくれるか。

◆エンゼルス、大谷翔平の契約延長はどうなるのか いつまで「二刀流」を継続できるか算定困難

◆レジェンド野茂英雄氏が大谷翔平を絶賛「かなわないです」「投げるだけで抑えられる」

◆大谷翔平は「マウンドで輝いていた」 完勝呼び込む“エースの働き”を現地メディア称賛

試合情報

マリナーズ-エンゼルス
試合開始:日本時間6月18日(土)11:10
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします