【THE MATCH 2022/天心vs武尊】次世代スター誕生へ “-55kg王者”対決と“重量級”の注目カードを読む

(C)AbemaTV, Inc.

RISE世界フェザー級王者・那須川天心とK-1三階級制覇王者・武尊が激突するビッグイベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」が、明日6月19日に迫っている。

◆【THE MATCH 2022/天心vs武尊】6月19日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■大会終了後の立ち技格闘技界

K-1」と「RISE」を中心としたトップファイターが揃う“夢の祭典”。旧K-1の消滅以来、一般層をこれほど巻き込むビッグイベントはなかった。

旧K-1が消滅し、TV放送もなくなると、立ち技格闘技界は低迷期を迎えた。RISEや新生K-1の母体となるKrushは、後楽園ホール大会を中心に興行を開催。那須川天心と武尊は、後楽園ホールや新宿FACEなどの小・中規模の会場からキャリアをスタートしている。

今でこそ、1万人規模のイベントを定期開催している両団体だが、それは長い下積みを経た上でのこと。現在では、ビッグマッチのオープニングファイトで、キャリア初期の選手が戦うこともあるが、両者のデビュー時はそのような舞台は多くなかった。

那須川は16歳にしてRISEのベルトを巻き、MMAへの挑戦やフロイド・メイウェザーとのエキシビジョンなどで世間の注目を集める。一方の武尊も、前人未踏のK-1三階級制覇を達成。興行を背負う主として、その確固たる地位を築いてきた。

両者の形は違えど、人々を惹き付ける圧巻のファイトスタイル、勝ち続ける王者としての姿、一般層に響く芸能活動など多くの功績があり、このようなビッグイベントが開催されるのだ。気になるのは、今大会終了後の立ち技格闘技界だ。

那須川は大会終了後、ボクシングへの転向を明言。武尊も明かしてはいないが「負けたら引退する気持ちでやっている」と話している。また、これまで実現しなかったカードが一気に実現したことで、いわゆる「ファンが熱望するほど見たいカード」がなくなってしまう可能性もある。

立ち技格闘技界を更にメジャーにするためには、今大会で那須川、武尊を超える次世代のスター候補誕生が求められている。次のスターは誰か。今大会の前半戦カードに、そのヒントが隠されているのかもしれない。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします