【マーメイドS/騎手データ】スルーセブンシーズに黄信号 頭にすべき「勝率6割超え」の人馬とは

19日は阪神競馬場で荒れるハンデ重賞・マーメイドS(GIII、芝2000m)が行われます。軽ハンデ馬の激走がとにかく目立ち、毎年大混戦となるレースです。

今回は阪神コース改修後となる2007年以降のマーメイドS過去データ、2007年以降の阪神芝2000mデータを基に気になる騎手データを見ていきます。

◆【マーメイドステークス2022予想/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「攻め気配は申し分ない」

【マーメイドS/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「攻め気配は申し分ない」

■藤岡康太騎手が頭候補

今年のマーメイドSに騎乗する騎手の中で2007年以降に騎乗経験があるのは14名。各騎手の騎手データは次の通りです。

[2007年以降]マーメイドSの騎手別成績

表の連対率から一目瞭然ですが、何とも決め手に欠くデータが算出されてしまいました。2007年以降、複数の連対があるのは藤岡康太騎手だけで、多くの騎手が連対率という観点から低調に終わっています。

着順と人気のバランスから高倉稜騎手に一発の可能性がありそうですが、過去連対率0%、複勝率10%ではデータ上プッシュできません。

このデータからは集計期間内3勝を挙げる藤岡康太騎手を取り上げます。同騎手は2010年のブライティアパルス(3番人気1着)、2014年のディアデラマドレ(1番人気1着)、2015年のシャトーブランシュ(8番人気1着)と騎乗機会3連続で勝利。先行、差し、追い込みと自在な戦法で好走させてきました。

2019年のダンサール(4番人気11着)のように大きな着順に敗れたケースも見られますが、この重賞では欠かせない騎手と言えます。また【藤岡康太騎手】×【前走3勝クラス出走】は【2-0-0-1】と勝率が66.7%まで上昇するデータが見つかります。

奇しくも同騎手が今年跨るステイブルアスク(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)は前走3勝クラス出走馬ですから、狙うなら頭がオススメです。

◆【マーメイドステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定オッズ2桁の惑星 「強烈な末脚」で波乱を演出か

【マーメイドS/穴ライズ】想定オッズ2桁の惑星 「強烈な末脚」で波乱を演出か

■阪神芝2000mの成績から5騎手をピックアップ

ここからは阪神芝2000mのデータを見ていきましょう。

[2007年以降]阪神芝2000mの騎手別成績

マーメイドSで人気馬に跨る秋山真一郎騎手、川田将雅騎手、岩田望来騎手らは過去データだけではジャッジが難しく、より大きな分母でデータを確認するのが有効かもしれません。また、表から連対率が優れていると判断できる北村友一騎手、和田竜二騎手についても取り上げます。

まず前日1番人気のスルーセブンシーズ(牝4、美浦・尾関知人厩舎)に跨る秋山真一郎騎手。人気と着順のバランスは悪くないものの、勝率が4.0%、連対率が12.1%と低く、単勝回収率、複勝回収率とも低めです。牝馬騎乗時はさらに勝率、連対率が下がることから、データ的に優れているとは言いづらいですね。

続いて前日8番人気のクラヴェル(牝5、栗東・安田翔伍厩舎)に跨る北村友一騎手を見ていきましょう。北村友一騎手は同じような人気を背負う坂井瑠星騎手と比べて連対率が2%ほど高く、ほぼ人気通りの走りが見込めます。

また【阪神芝2000m】×【北村友一騎手】×【特別戦】に絞ると【8-8-5-42】と連対率が25.4%にまで上昇。肝心要のマーメイドSでは【0-0-0-6】ですが、データ上は押さえておきたい騎手です。

さらに前日9番人気のウインマイティー(牝5、栗東・五十嵐忠男厩舎)に騎乗する和田竜二騎手。同騎手は北村友一騎手と同等の成績を残せていて上々の成績です。

データを細かく見ていくと1~5番人気騎乗時は【25-23-18-61】で連対率が37.8%まで上昇します。ウインマイティーが当日5番人気に以内に推されるようなら買いですね。

そして前日2番人気のルビーカサブランカ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)に跨る岩田望来騎手ですが、この舞台では背負う人気を考慮すると全体的に低調です。買える組み合わせも見つけづらく静観が妥当かもしれません。

最後は前日3番人気のソフトフルート(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)に跨る川田将雅騎手。阪神芝2000mで最も頼りになる騎手で、ひとりだけ数値が抜けていますね。

とくに【阪神芝2000m】×【川田将雅騎手】×【1番人気】に限定すると【35-17-15-17】で連対率は61.9%にまで上昇。複勝率は驚きの79.8%ですから、この舞台で1番人気に推された場合は堅軸と考えて良さそうです。

以上、マーメイドSの気になる騎手データでした。マーメイドSの過去データからは藤岡康太騎手、阪神芝2000mのデータからは1番人気に推された際の川田将雅騎手を注目騎手として推奨します。

▼その他、データ予想
◆【マーメイドステークス2022予想/データ攻略-前編】ソフトフルートに「連対率0%」の不安要素 人気の一角は「馬券内率8割超え」

【マーメイドS/データ攻略-前編】ソフトフルートに「連対率0%」の不安要素 人気の一角に「馬券内率8割超え」

◆【マーメイドステークス2022予想/データ攻略-後編】“波乱の使者”候補はアノ良血馬 追い風となる「馬券内率100%」とは

【マーメイドS/データ攻略-後編】“波乱の使者”候補はアノ良血馬 追い風となる「馬券内率100%」とは

マーメイドステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「攻め気配は申し分ない」

◆【追い切り診断】ソフトフルートを上回る最高評価「S」 「狂いのない絶好の状態」で目標の一戦へ

◆【追い切り診断】力上位の人気一角に「A」評価 「前走より確実にいい状態」

◆【追い切り診断】実績上位のクラヴェルに「B」評価 肉体面は問題なそうも「万全とは言い難い」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 斤量を味方に重賞初制覇へ

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ2桁の惑星 「強烈な末脚」で波乱を演出か

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「下馬評ほど上位陣との差はない」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「今回の臨戦過程には一抹の不安」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソフトフルートは2枠3番、人気馬に勝率0%の“試練”

◆【血統傾向】ハンデ×牝馬の波乱レースで狙う、単回収値「300」の穴配合

◆【脚質傾向】「上がり最速」が好成績 阪神2000mでの実績に注目

◆【前走ローテ】過去10年で5勝のパールS組は不在 注目すべきは3勝クラス

◆【人気傾向】1人気が勝ちきれないハンデ重賞 混戦レースはオッズに注目

ユニコーンステークス2022 データコラム一覧

◆【ユニコーンステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ユニコーンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ユニコーンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします