【宝塚記念/追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 前走“メイチ”から「高値安定」

■ディープボンド

【中間調整】1番人気に推された前走の天皇賞・春は7馬身差と勝ち馬に大きく水を開けられた2着に終わったが、勝負どころで接触する不利があったことを考えれば力量差はそこまでではないのかも。その後は放牧に出され、目立ったダメージがないことから5月10日の時点で宝塚記念に進むことが決定。5月26日に栗東へ戻っている。29日の坂路14-14が初時計。以降、徐々に時計を詰めて心身をレースモードに切り替えていく。2週前追いには和田竜騎手が騎乗し、坂路で自己ベストを更新する速い時計をマーク。1週前追いにも和田騎手が騎乗。CWで3歳未勝利をあっさり抜き去り、抜け出してもしっかり負荷を掛けるという意欲的な稽古を消化した。

◆【宝塚記念2022予想/追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 「心身ともに充実一途」

【宝塚記念/追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 「心身ともに充実一途」

【最終追い切り】レース直前もCWで和田竜騎手が騎乗し単走。先週の時点で負荷は十分ということか、今週はまったく無理をさせないリズム重視の内容に。時計は目立たないが、手応えを十分に残したまま直線では四肢を大きく伸ばすこの馬の走りを見せた。

【見解】坂路で立ち上げ、1週前、当週とCW追いでレース感覚を呼び覚ますいつも通りの調整ができているのはなにより。近2走と異なり最終追いは馬なりだったが、春に2戦を消化しており負荷を上積みする必要はないということだろう。もとより状態の波が少ないタイプ。距離最適だった前走がメイチだった感はあるにせよ、気配としては高値安定だろう。

総合評価「A」

◆【宝塚記念2022予想/追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「控える競馬への対策も万全」

【宝塚記念/追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「控える競馬への対策も万全」

◆【宝塚記念2022予想/追い切り診断】有力馬にまさかの「B」評価 「本来の迫力を取り戻せていない」

【宝塚記念/追い切り診断】有力馬にまさかの「B」評価 「本来の迫力を取り戻せていない」

宝塚記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「一発があるとしたらこの馬」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「明らかに過小評価の1頭」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「覚醒した古豪が大穴を開ける」

◆【危険な人気馬】人気一角のGI馬は“消し”評価 「馬がプレッシャーを感じてしまう」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】タイトルホルダーとエフフォーリアに明暗、勝率“ゼロ”と“60%”とは

◆【データ攻略-後編】2強の牙城を崩す実績馬、馬券内率“100%”が強力な追い風に

◆【騎手データ】明暗分かれる人気騎手 狙うべき熱いパターンに合致するジョッキーとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイトルホルダーは3枠6番、エフフォーリアは2枠4番 人気馬は勝率ゼロの“鬼門”に

◆【血統傾向】条件合致で「連対率8割越え」 想定“10人気”前後の伏兵

◆【脚質傾向】タイトルホルダーに“不安”材料 「連対率100%」は上がり最速馬

◆【前走ローテ】タイトルホルダーとエフフォーリアに“暗雲” 本命にすべきは伏兵とは

◆【人気傾向】中心はタイトルホルダーかエフフォーリアか “堅軸”は4歳馬の1、2番人気

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします