【宝塚記念/穴ライズ】想定“8人気”前後の盲点 「明らかに過小評価の1頭」

■オーソリティ

今年初戦となったサウジアラビアのネオムターフCで逃げ切りVを飾ると、返す刀で臨んだドバイシーマクラシックで3着。海外2連勝とはならなかったが、ドバイの勝ち馬シャフリヤールは自身よりも斤量が軽かった。それでいながらクビ+1/2馬身差なら勝ちに等しい内容と言ってよく、ポジティブな評価を下していい。2歳時から高く評価されていた素質馬が、5歳になって本格化を迎えた印象だ。

◆【宝塚記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「覚醒した古豪が大穴を開ける」

【宝塚記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「覚醒した古豪が大穴を開ける」

昨年の秋シーズンにはアルゼンチン共和国杯を連覇し、続くジャパンCではコントレイルから0秒3差の2着と、古馬中距離戦線でトップレベルを相手に互角の走りを見せていたように、いまさら脚力を疑う必要はなし。右回りが不安視されているものの、6戦のうち4戦で掲示板には載っており、言われているほど苦手ではない。ピークを迎えた今ならなんなくこなしていい。

それにもかかわらず中穴程度に人気が落ち着いているのは明らかに過小評価で、妙味しかない1頭。スタートも安定してきているので最内枠からロスなく運べるのもプラスで、ぜひ買い目には加えておきたい。

▼その他、穴馬予想
◆【宝塚記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「一発があるとしたらこの馬」

【宝塚記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の刺客 「一発があるとしたらこの馬」

◆【宝塚記念2022予想/危険な人気馬】人気一角のGI馬は“消し”評価 「馬がプレッシャーを感じてしまう」

【宝塚記念/危険な人気馬】人気一角のGI馬は“消し”評価 「馬がプレッシャーを感じてしまう」

宝塚記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「控える競馬への対策も万全」

◆【追い切り診断】有力馬にまさかの「B」評価 「本来の迫力を取り戻せていない」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 前走“メイチ”から「高値安定」

◆【追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 「心身ともに充実一途」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】タイトルホルダーとエフフォーリアに明暗、勝率“ゼロ”と“60%”とは

◆【データ攻略-後編】2強の牙城を崩す実績馬、馬券内率“100%”が強力な追い風に

◆【騎手データ】明暗分かれる人気騎手 狙うべき熱いパターンに合致するジョッキーとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイトルホルダーは3枠6番、エフフォーリアは2枠4番 人気馬は勝率ゼロの“鬼門”に

◆【血統傾向】条件合致で「連対率8割越え」 想定“10人気”前後の伏兵

◆【脚質傾向】タイトルホルダーに“不安”材料 「連対率100%」は上がり最速馬

◆【前走ローテ】タイトルホルダーとエフフォーリアに“暗雲” 本命にすべきは伏兵とは

◆【人気傾向】中心はタイトルホルダーかエフフォーリアか “堅軸”は4歳馬の1、2番人気

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-宝塚記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします