【宝塚記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「覚醒した古豪が大穴を開ける」

■ステイフーリッシュ

2走前はサウジアラビアのレッドシーターフハンデキャップで、好スタートからスッとハナを奪うと、直線では後続との差をさらに広げて逃げ切り勝ち。これが2018年の京都新聞杯以来、約4年ぶりの勝利となった。そして余勢をかって臨んだドバイゴールドCでは先団からレースを進めると、直線で先に抜け出したマノーボとの追い比べを制し、海外2連勝を飾っている。7歳馬が勢いに乗ってきた。

◆【宝塚記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「一発があるとしたらこの馬」

【宝塚記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の刺客 「一発があるとしたらこの馬」

いずれも3000m級の長距離戦だったが、海外の骨っぽいライバルを相手に、タフな競馬で勝利したことを評価したい。今回はパンサラッサやアフリカンゴールド、タイトルホルダーなど主導権争いが激化しそうで、厳しい流れになる公算大。消耗戦になればメンバー屈指の地力を持つ同馬の舞台で、ここ2戦の経験が最後のひと伸びに効いてきそうだ。

宝塚記念の長い歴史の中で、ステイゴールド産駒は2013年、14年連覇のゴールドシップを筆頭に、オルフェーヴルやナカヤマフェスタ、ドリームジャーニーの計5勝をマーク。今年、同産駒はステイフーリッシュをはじめ、アフリカンゴールド、マイネルファンロンの3頭がエントリーしている。好相性の舞台で覚醒した7歳馬が大穴を開ける。

▼その他、穴馬予想
◆【宝塚記念2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「明らかに過小評価の1頭」

【宝塚記念/穴ライズ】想定“8人気”前後の盲点 「明らかに過小評価の1頭」

◆【宝塚記念2022予想/危険な人気馬】人気一角のGI馬は“消し”評価 「馬がプレッシャーを感じてしまう」

【宝塚記念/危険な人気馬】人気一角のGI馬は“消し”評価 「馬がプレッシャーを感じてしまう」

宝塚記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「控える競馬への対策も万全」

◆【追い切り診断】有力馬にまさかの「B」評価 「本来の迫力を取り戻せていない」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 前走“メイチ”から「高値安定」

◆【追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 「心身ともに充実一途」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】タイトルホルダーとエフフォーリアに明暗、勝率“ゼロ”と“60%”とは

◆【データ攻略-後編】2強の牙城を崩す実績馬、馬券内率“100%”が強力な追い風に

◆【騎手データ】明暗分かれる人気騎手 狙うべき熱いパターンに合致するジョッキーとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイトルホルダーは3枠6番、エフフォーリアは2枠4番 人気馬は勝率ゼロの“鬼門”に

◆【血統傾向】条件合致で「連対率8割越え」 想定“10人気”前後の伏兵

◆【脚質傾向】タイトルホルダーに“不安”材料 「連対率100%」は上がり最速馬

◆【前走ローテ】タイトルホルダーとエフフォーリアに“暗雲” 本命にすべきは伏兵とは

◆【人気傾向】中心はタイトルホルダーかエフフォーリアか “堅軸”は4歳馬の1、2番人気

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-宝塚記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします