【MLB】「ボールを破壊した」大谷翔平、3試合ぶりの今季16号 飛距離140メートル特大弾に現地実況も驚き

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は25日(日本時間26日)、本拠地でのシアトル・マリナーズ戦に「3番DH」で先発出場。3回の第2打席に今季16号本塁打を放ち、連続試合安打を「5」とした。

◆【実際の映像】大谷翔平、打った瞬間文句なしの特大弾 球場に打球音が響き渡った今季16号アーチ

■相手投手もガックリの一発

この日の大谷は今季7勝を挙げているギルバートと対戦。初回の第1打席は見逃し三振に倒れたが、3回の第2打席では5球目の速球を捉え、右中間スタンドへ3試合ぶりの本塁打を放った。打球速度は118マイル(約190キロ)、打球角度は28度、飛距離は462フィート(約140メートル)だった。

打った瞬間にそれと分かる特大弾に、マウンド上のギルバートも悔しさを隠さずガックリ。また、現地放送局「Bally Sports West」の実況も「ボールを破壊した」「スゴイ!」と驚きの声をあげた。

試合は3回終了時点で1-1の同点となっている。

◆大谷翔平の今季最長アーチに驚愕の声続々 「なんてこったい」「本当に、本当に痛烈」

◆【実際の映像】大谷翔平、打った瞬間文句なしの特大弾 球場に打球音が響き渡った今季16号アーチ

◆大谷翔平、来季の新天地候補「メッツ」が浮上 米記者解説「切迫した理由が存在する」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします