【ラジオNIKKEI賞2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

7月3日に福島競馬場で行われる第71回・ラジオNIKKEI賞(GIII、芝1800m)の過去10年データを紹介する。

スプリングSで3着に入ったサトノヘリオス、前走・皐月賞の14着から巻き返しを狙うボーンディスウェイ、重賞初挑戦となる前走・毎日杯で2着に入ったベジャール、ハイレベルだった2走前のデイリー杯2歳Sで2着だったソネットフレーズらが出走予定だ。

◆【動画プレーバック/ラジオNIKKEI賞2021】4番人気ヴァイスメテオールが稍重の中で2馬身半差の余裕で重賞初制覇

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【ラジオNIKKEI賞2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【ラジオNIKKEI賞2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

ここでは予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

■前走ローテ

※グラフが表示されない場合はこちら

さまざまな路線からの参戦が多く難解なレースといえる。グラフ上は馬券に絡んだ頭数が多いのは、500万下だが、こちらは現在の1勝クラスに該当。他のレースを合わせると11頭が馬券に絡んでいる。ここでは、前走の着順の他に、人気も確認してみる。

前走・1勝クラス

・ゴーゴーユタカ(1人気1着)
・ホウオウノーサイド(1人気1着)
・ミッキーブンブン(6人気8着)
・タガノフィナーレ(9人気1着)

馬券に絡んだ馬の前走人気をみてみると1番人気が5頭、2番人気が1頭、3番人気が2頭、4番人気以下が3頭と3番人気までに入った馬が72.7%と高い値となっている。今回、この条件に該当する2頭いるが、馬券に絡んでいたのは前走距離1600m以上のレースという共通もあった。この2つをクリアするのはゴーゴーユタカのみとなる。

次に馬券内頭数が多いプリンシパルS組は【3-0-1-9】と前走ローテの中では、最多となる3回の優勝を誇る。昨年の4番人気1着だったヴァイスメテオールも当ローテに該当する。

前走・プリンシパルS

・グランディア(5着)
・ショウナンマグマ(11着)

優勝した3頭に共通していたのは、前走を中団から上がり3Fを最速の脚で掲示板内に入っていた。今回、グランディアが中団から上がり3Fは2位の脚だっただけに、取り扱いには注意したい。

CBC賞2022予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】アネゴハダに黄信号 条件合致で連対率50%の穴メーカーに注目

◆【データ攻略-前編】前走惨敗の実績馬が巻き返す 「夏の小倉」で連対率100%が強力後押し

◆【データ攻略-後編】難解なハンデ戦に驚異の“100%” 重賞初タイトルがあっても驚けない

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】大敗の前走は度外視の高評価「A」 波乱を巻き起こす「大仕事の可能性」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

◆【追い切り診断】ファストフォースを上回る「S」の最高評価 「目下絶好の気配」

◆【追い切り診断】連覇がかかるファストフォースに「A」評価 「気配に関しては万全も」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“20倍”以上の惑星 「波乱の使者となる可能性は十分」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「ハイペースにハマる可能性大」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ2桁の刺客 「今回好走の条件が揃った」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞実績馬は“消し”評価 「ポテンシャルは一枚落ち」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】アネゴハダは1枠2番 タイセイビジョンは4枠8番に勝率“0%”の試練

◆【血統傾向】条件合致で馬券圏内率7割越え 小倉での狙い目は非サンデーの血

◆【脚質傾向】コースの特徴に注目 馬券圏内に入るための最低条件は先行

◆【前走ローテ】上位人気馬に警鐘 難解なレースで着目すべきはクラスは…

◆【人気傾向】馬券圏内率70%の2人気に注目 過去に“244万”馬券の大波乱も

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします