【MLB】大谷翔平、6回途中無失点で7勝目の権利 毎回の11奪三振快投に本拠地ファンも総立ち

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は29日(日本時間30日)、本拠地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番DH・投手」で先発出場。6回途中5安打11奪三振1四球無失点の快投で、勝利投手の権利を得て降板した。

◆大谷翔平が“6月無双”で球団史上3人目の記録達成 途中降板に地元記者は「難しい選択」

■2戦連続2桁K、3戦連続無失点

前日に3打数3安打1本塁打2打点の活躍を見せた大谷が、この日は先発マウンドに立ちチームを鼓舞している。

初回は先頭打者にいきなり安打を許したが、2者連続奪三振。続く4番ホセ・アブレイユの右前打と暴投で2死二、三塁のピンチを迎えたが、5番ギャビン・シーツからも三振を奪い切り抜けた。直後にマイク・トラウトの適時打などで2点の援護を受けると、2、3回はともに三者凡退と好投。3回までに早くも6奪三振をマークした。

4回は2者連続安打で無死一、二塁のピンチを迎えるが、大崩れせずに無失点継続。ファウルで粘られる場面も目立ったが、我慢強くストライクゾーンを攻め続けた。その後も失点を許さず、6回2死一塁の場面で自身4連勝、今季7勝目となる勝利投手の権利を得たまま降板。本拠地ファンはスタンディングオベーションで大谷に声援を送った。

大谷は5回2/3を投げ、毎回の11奪三振、無失点。108球(ストライク74球)を投げ最速は101マイル(約162.5キロ)、防御率は2.68となった。2試合連続今季5度目の2桁奪三振、3試合連続の無失点投球で6月の最終登板を締めくくった。

試合は6回表終了時点で、エンゼルスが2-0とリードしている。

◆大谷翔平が“6月無双”で球団史上3人目の記録達成 途中降板に地元記者は「難しい選択」

◆大谷翔平の投球は「別次元に上昇中」 米メディアが球速アップと与四球減に注目

◆大谷翔平、持ち球の「握り」を惜しげも無く披露 「タイム」誌が新たなインタビュー映像公開

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします