【CBC賞/データ攻略-前編】前走惨敗の実績馬が巻き返す 「夏の小倉」で連対率100%が強力後押し

今週は小倉競馬場でGIII・CBC賞(芝1200m)が行われる。

夏のスプリント戦線の幕開けを告げるレース。ハンデ戦ゆえ波乱傾向も強く、配当妙味ある一戦と言えるだろう。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【CBC賞2022予想/追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

【CBC賞/追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

■連覇を狙うファストフォースに死角はあるのか

昨年は人気薄ながら驚異的なタイムで勝利。ディフェンディング・チャンピオンの立場で連覇に挑むのがファストフォースだ。高松宮記念はタフな馬場コンディションに根負けしてしまった印象も、勝ち馬とは0秒3差。今回はこちらのデータが後押しする。

・夏の小倉芝1200m成績【2-1-0-0】

ここでの注目は「夏の小倉」であること。連日30度を超える猛暑のなか、暑さへの適性は欠かせないファクターとなる。キャリアを重ねてテンのダッシュ力が鈍くなってきた点は若干の懸念材料だが、極端に評価を落とす理由はなさそうだ。

◆【CBC賞2022予想/血統傾向】条件合致で馬券圏内率7割越え 小倉での狙い目は非サンデーの血

【CBC賞/血統傾向】条件合致で馬券圏内率7割超え 小倉での狙い目は非サンデーの血

■アネゴハダの追い風となる「馬番ひと桁番」

2勝クラスの前走由比ヶ浜特別は鮮やかな末脚で勝利。ユニークな馬名だけでなく、確かな実力も兼ね備えた3歳牝馬が重賞タイトル奪取を目指しこの舞台で挑む。斤量49キロは魅力も、形の上では2勝クラスを勝ったばかりの馬。実績不足は否めないが、マイナスデータを吹き飛ばす好材料を発見した。

・馬番ひと桁番時の成績【1-0-1-1】

唯一の馬券圏外はウォーターナビレラ、ナムラクレアといった世代屈指の馬が出走したファンタジーS。内枠巧者が外枠の前走で結果を残したのは力をつけた証だろう。開幕週の小倉芝で1枠2番は大きなアドバンテージ。前走の再現があっても驚けない。

◆【CBC賞2022予想/データ攻略-後編】難解なハンデ戦に驚異の“100%” 重賞初タイトルがあっても驚けない

【CBC賞/データ攻略-後編】難解なハンデ戦に驚異の“100%” 重賞初タイトルがあっても驚けない

◆【CBC賞2022予想/騎手データ】アネゴハダに黄信号 条件合致で連対率50%の穴メーカーに注目

【CBC賞/騎手データ】アネゴハダに黄信号 条件合致で連対率50%の穴メーカーに注目

CBC賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】大敗の前走は度外視の高評価「A」 波乱を巻き起こす「大仕事の可能性」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

◆【追い切り診断】ファストフォースを上回る「S」の最高評価 「目下絶好の気配」

◆【追い切り診断】連覇がかかるファストフォースに「A」評価 「気配に関しては万全も」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“20倍”以上の惑星 「波乱の使者となる可能性は十分」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「ハイペースにハマる可能性大」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ2桁の刺客 「今回好走の条件が揃った」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞実績馬は“消し”評価 「ポテンシャルは一枚落ち」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】アネゴハダは1枠2番 タイセイビジョンは4枠8番に勝率“0%”の試練

◆【血統傾向】条件合致で馬券圏内率7割越え 小倉での狙い目は非サンデーの血

◆【脚質傾向】コースの特徴に注目 馬券圏内に入るための最低条件は先行

◆【前走ローテ】上位人気馬に警鐘 難解なレースで着目すべきはクラスは…

◆【人気傾向】馬券圏内率70%の2人気に注目 過去に“244万”馬券の大波乱も

ラジオNIKKEI賞2022 データコラム一覧

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022】調教動画&参考レース

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022ラジオNIKKEI賞-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします