【CBC賞/追い切り診断】連覇がかかるファストフォースに「A」評価 「気配に関しては万全も」

■ファストフォース

【中間調整】今年同様、昨年も夏の小倉開幕週で行われたCBC賞。そこでファストフォースは芝1200mの日本レコードタイムを更新するオマケ付きで、快勝を収めている。前走の高松宮記念は坂のある左回り中京、タフな重馬場と分の悪い条件で16番人気という評価だったが、好位から粘って9着に入線。勝ち馬には0秒3差で、ポテンシャルの一端は示せたと言っていいだろう。その後は連覇の懸かるCBC賞に照準を絞り、放牧でリフレッシュ。5月末に栗東へ戻っている。プールを多用し心肺機能を強化するいつも通りの調整が進み、追い日の水曜には坂路で負荷を掛け順調に時計を短縮。1週前の坂路併せ馬には松山騎手が騎乗し、同じCBC賞出走を控えるレジェーロを7馬身千切って先着している。時計は自己ベストにコンマ1秒まで迫る4F50秒7(一杯)だった。

◆【CBC賞2022予想/追い切り診断】大敗の前走は度外視の高評価「A」 波乱を巻き起こす「大仕事の可能性」

【CBC賞/追い切り診断】大敗の前走は度外視の高評価「A」 波乱を巻き起こす「大仕事の可能性」

【最終追い切り】1週前の段階で負荷は十二分に掛かっており、小倉への輸送がある今週は鞍上との意思疎通を深めることに専念。終始落ち着いた雰囲気で進み、四肢を柔軟に使えていた。時計は平凡ながら、緩いペースでも力む面がなかったのは好感。

【見解】早い段階からベスト条件のここを目標に据え、逆算して丹念に調整されている。放牧でさらに成長し、パワーアップを果たしたのか先週は坂路で猛時計をマーク。馬場が渋っていたことを考えれば実質自己ベスト更新と言っていいだろう。最終追いでやや気迫不足な雰囲気を感じたが、年を重ねて馬が大人になったから、と解釈すべきだろう。久々にコンビを結成する松山騎手はしっかり手の内に入れたようだし、気配に関しては万全だ。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【CBC賞2022予想/追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

【CBC賞/追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

◆【CBC賞2022予想/追い切り診断】ファストフォースを上回る「S」の最高評価 「目下絶好の気配」

【CBC賞/追い切り診断】ファストフォースを上回る「S」の最高評価 「目下絶好の気配」

CBC賞2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“20倍”以上の惑星 「波乱の使者となる可能性は十分」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「ハイペースにハマる可能性大」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ2桁の刺客 「今回好走の条件が揃った」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞実績馬は“消し”評価 「ポテンシャルは一枚落ち」

▼データ予想
◆【騎手データ】アネゴハダに黄信号 条件合致で連対率50%の穴メーカーに注目

◆【データ攻略-前編】前走惨敗の実績馬が巻き返す 「夏の小倉」で連対率100%が強力後押し

◆【データ攻略-後編】難解なハンデ戦に驚異の“100%” 重賞初タイトルがあっても驚けない

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】アネゴハダは1枠2番 タイセイビジョンは4枠8番に勝率“0%”の試練

◆【血統傾向】条件合致で馬券圏内率7割越え 小倉での狙い目は非サンデーの血

◆【脚質傾向】コースの特徴に注目 馬券圏内に入るための最低条件は先行

◆【前走ローテ】上位人気馬に警鐘 難解なレースで着目すべきはクラスは…

◆【人気傾向】馬券圏内率70%の2人気に注目 過去に“244万”馬券の大波乱も

ラジオNIKKEI賞2022 データコラム一覧

◆【ラジオNIKKEI賞2022】調教動画&参考レース

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします