【MLB】大谷翔平、今季18号は敵地スタンド2階席に着弾 実況「日本の近くまで飛んだ」

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は1日(日本時間2日)、敵地でのヒューストン・アストロズ戦に「3番DH」で先発出場。初回の第1打席に今季18号ソロを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、敵地スタジアム上空に高々と上がった今季18号に実況「日本の近くまで飛んだ」

■敵地スタンド2階席に着弾

初回、相手先発クリスチャン・ハビエルの前に1番テーラー・ウォード、2番マイク・トラウトが三振に倒れ、2死走者なしの場面で打席に大谷。ここでハビエルは制球が乱れ、3-2のフルカウントから放り込まれた内角低めのスライダーを大谷は一振り。打った瞬間、大谷も相手バッテリーも見上げた右翼への打球は、角度36度の放物線を描いて敵地スタンド2階席に着弾、今季18号とした。

2試合ぶりの一発は飛距離394フィート(約120メートル)、打球速度105.7マイル(約170キロ)。上空に高々と打ち上がった大谷の一打に、現地放送局は「日本の近くまで飛んだぞ」と実況した。

なお、試合は大谷の本塁打でエンゼルスが先制するも、2回、3回に相手打線が爆発。3回終了時点、1-8でアストロズに大量リードを許している。

◆【実際の映像】大谷翔平、敵地スタジアム上空に高々と上がった今季18号に実況「日本の近くまで飛んだ」

◆大谷翔平、オールスターDH部門は55万票差の2位 1位アストロズのヨルダン・アルバレスと最終投票へ

◆「この男は普通じゃない」連日の“大谷翔平劇場”に相次ぐ賛辞 対戦相手も脱帽「誰も真似できない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします