【七夕賞/データ攻略-前編】ヒートオンビートに「勝率0%」の死角 「連対率100%」が後押しする人気馬とは

今週は福島競馬場でGIII・七夕賞(芝2000m)が行われる。

夏競馬で施行される伝統の一戦。ハンデ戦かつ多頭数のメンバー構成から大波乱も頻繁に起きており、人気馬の凡走×人気薄の激走が攻略のヒントとなる。

◆【七夕賞2022予想/穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

【七夕賞/穴ライズ】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

■ヒートオンビートの不安要素は「キングカメハメハ産駒」

日経賞3着→天皇賞・春4着と積み重ねた実績はメンバー中随一。悲願の重賞タイトル奪取に向けてヒートオンビートが夏競馬に参戦してきた。前述の実績を踏まえれば断然の支持を集めそうだが、こちらのデータを見れば印象は一変するはず。

・キングカメハメハ産駒の成績【0-1-0-11】

上記のなかにはのちのGI馬ラブリーデイの凡走も含まれており、この舞台との相性は最悪に近いレベルだろう。ヒートオンビートにとって2000mという距離は悪くないが、その距離を使われた過去3戦の勝ち馬との差はそれぞれ0秒7、0秒6、0秒4。淀みない流れでの追走に苦労する可能性がある点から、半信半疑の印象は否めない。

◆【七夕賞2022予想/追い切り診断】前走惜敗の穴馬に高評価「A」 操縦性を徹底的に鍛え上げ好気配

【七夕賞/追い切り診断】 前走惜敗の穴馬に高評価「A」 操縦性を徹底的に鍛え上げ好気配

■アンティシペイトにはデータの上積み材料が満載

この舞台で行われた福島民報杯は2着に5馬身差をつける圧勝。その後はじっくりと間隔をあけつつ満を持して当舞台に臨むのがアンティシペイトだ。重賞で馬券内がない馬に斤量56.5キロは少々見込まれた感もあるが、今回はデータ面での上積み材料が満載。

・6~8月の成績【2-2-0-0】
・直線非急坂コースの成績【3-2-0-0】

いずれのデータでも連対率100%。特筆すべきは暑さに対する耐性で、気温30度超えの夏競馬において大きなアドバンテージとなる。今回与えられた条件は申し分なく、人馬ともにJRA重賞初制覇のチャンスは十分だ。

▼その他、データ予想
◆【七夕賞2022予想/データ攻略-後編】前走フタ桁着順の穴馬 連対率“75%”が波乱を巻き起こす

【七夕賞/データ攻略-後編】前走フタ桁着順の穴馬、連対率“75%”が波乱を巻き起こす

◆【七夕賞2022予想/騎手データ】人気馬2頭に明暗も 大穴候補は条件合致で“連対率50%”の「美浦のベテラン」

【七夕賞/騎手データ】人気馬2頭に明暗も 大穴候補は条件合致で“連対率50%”の「美浦のベテラン」

七夕賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】前走惜敗の穴馬に高評価「A」 操縦性を徹底的に鍛え上げ好気配

◆【追い切り診断】人気一角に不満の「B」評価 さすがの迫力も「全幅の信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】ヒートオンビートを上回る最高評価「S」 優勝も意識できる「狂いのない調整」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に「A」評価 柔軟な脚捌きで「平凡さをまったく感じさせない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 「距離延長がむしろプラスになる」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“10倍”前後の惑星 「実績ほど上位陣との差はない」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「立ちはだかる2つの壁」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ヒートオンビートは3枠6番に 人気馬は条件合致で勝利“50%”超えの好枠に

◆【血統傾向】ハンデ×小回りの波乱レースで狙う、単回収値「263」の穴配合

◆【脚質傾向】上がり3Fの実績に注目 データからわかる好走条件とは

◆【前走ローテ】2勝が最多の難解なレース 穴馬激走の単勝回収値1006に注目

◆【人気傾向】上位人気に不安なデータ 過去に“256万”馬券の難解なハンデ重賞

プロキオンステークス2022 データコラム一覧

◆【プロキオンS2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/プロキオンS2021】9番人気メイショウカズサが雷鳴響く小倉の重馬場でレコード勝ちでの重賞初制覇

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022七夕賞-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします