【七夕賞/追い切り診断】実績上位の人気馬に「A」評価 柔軟な脚捌きで「平凡さをまったく感じさせない」

■ヒートオンビート

【中間調整】2走前の日経賞では、1着タイトルホルダーにクビ+クビ差の3着。勝ち馬がその後GIで連続快勝、2着馬ボッケリーニが次走・目黒記念をトップハンデタイで快勝したことを考えれば、ヒートオンビートの実力も相当なレベルと見立てていい。登録していた宝塚記念は無念の除外となり、鞍上予定だった池添謙一騎手がツイッターでボヤいたほど。その鬱憤を晴らすべく、この七夕賞へ駒を進めてきた。引き続き在厩で調整。6月26日に坂路14-14、1週前となる30日のウッド追いでは終いにある程度の負荷を掛け、柔軟な脚捌きを披露している。

◆【七夕賞2022予想/データ攻略-前編】ヒートオンビートに「勝率0%」の死角、「連対率100%」が後押しする人気馬とは

【七夕賞/データ攻略-前編】ヒートオンビートに「勝率0%」の死角 「連対率100%」が後押しする人気馬とは

【最終追い切り】心身ともに前週の段階で仕上がっており、福島への輸送を控えた今週は坂路単走、14-14ペースの静に徹した内容。まったくブレなく力まず、シャープなフォームで登坂する。脚捌きはリズミカルそのものだし、時計の平凡さをまったく感じさせなかった。

【見解】目標のレースへの出走が叶わず、かつこの酷暑。ガクッと状態を落として不思議はないところ。それでも1週前にウッドで負荷を掛けることができたあたり、陣営の体調・体質への信頼が見て取れる。最終週はポリで終い重点という、ここ4走のパターンを踏襲できておらず、除外の影響がまったく皆無……とはまでは言えないものの、軽微なレベルだろう。もとより調子の波が少ないタイプ。一連の好調キープと見たい。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【七夕賞2022予想/追い切り診断】前走惜敗の穴馬に高評価「A」 操縦性を徹底的に鍛え上げ好気配

【七夕賞/追い切り診断】 前走惜敗の穴馬に高評価「A」 操縦性を徹底的に鍛え上げ好気配

◆【七夕賞2022予想/追い切り診断】人気一角に不満の「B」評価 さすがの迫力も「全幅の信頼は置きづらい」

【七夕賞/追い切り診断】人気一角に不満の「B」評価 さすがの迫力も「全幅の信頼は置きづらい」

◆【七夕賞2022予想/追い切り診断】ヒートオンビートを上回る最高評価「S」 優勝も意識できる「狂いのない調整」

【七夕賞/追い切り診断】ヒートオンビートを上回る最高評価「S」 優勝も意識できる「狂いのない調整」

七夕賞2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 「距離延長がむしろプラスになる」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“10倍”前後の惑星 「実績ほど上位陣との差はない」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「立ちはだかる2つの壁」

▼データ予想
◆【騎手データ】人気馬2頭に明暗も 大穴候補は条件合致で“連対率50%”の「美浦のベテラン」

◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートに「勝率0%」の死角、「連対率100%」が後押しする人気馬とは

◆【データ攻略-後編】前走フタ桁着順の穴馬 連対率“75%”が波乱を巻き起こす

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ヒートオンビートは3枠6番に 人気馬は条件合致で勝利“50%”超えの好枠に

◆【血統傾向】ハンデ×小回りの波乱レースで狙う、単回収値「263」の穴配合

◆【脚質傾向】上がり3Fの実績に注目 データからわかる好走条件とは

◆【前走ローテ】2勝が最多の難解なレース 穴馬激走の単勝回収値1006に注目

◆【人気傾向】上位人気に不安なデータ 過去に“256万”馬券の難解なハンデ重賞

プロキオンステークス2022 データコラム一覧

◆【プロキオンS2022】調教動画&参考レース

◆【プロキオンS2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【動画プレーバック/プロキオンS2021】9番人気メイショウカズサが雷鳴響く小倉の重馬場でレコード勝ちでの重賞初制覇

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします