【プロキオンS2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

10日に小倉競馬場で行われる第27回・プロキオンスS(GIII、ダ1700m)の枠順が8日にJRAから発表された。

昨年のGIII・きさらぎ賞を制しているラーゴムは8枠16番、前走・立夏Sを3馬身差で勝利したサンライズウルスは8枠15番、昨年の宝塚記念2着から復帰となるユニコーンライオンは7枠13番、重賞5勝しているサンライズノヴァは1枠2番に入った。

今年も昨年に引き続き小倉開催。ここでは、過去10年の小倉ダート1700mで開催されたオープン以上という条件を基にしたデータ傾向から予想のヒントになる「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【動画プレーバック/ププロキオンステークス2021】9番人気メイショウカズサが雷鳴響く小倉の重馬場でレコード勝ちでの重賞初制覇

◆【プロキオンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【プロキオンS2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【プロキオンS2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

最多となる5勝をしている8枠には人気が予想されるサンライズウルスラーゴムが入った。昨年の本レースで2番人気メイショウウズマサが3着に、門司Sでは8番人気スマッシングハーツが1着と2番人気スマッシングハーツが3着と人気によらず好走している。同枠に1~3番人気が入った場合、【3-1-1-5】勝率30.0%、連対率40.0%、複勝率50.0%となっている。

サンライズウルスに騎乗する横山典弘騎手は、過去10年でのオープン以上での騎乗が無く、3勝クラス以下を調べても、2021年と22年を合わせた4鞍しかなくデータが少なくなく判断ができません。一方、ラーゴムに騎乗する鮫島克駿騎手もオープン以上では5鞍しかないものの8枠に入った時は、【0-1-1-0】と複勝率100%だった。

また、連対率0.0%なのはユニコーンライオンが入った7枠だ。2018年の阿蘇Sでは3番人気に推されたメイプルブラザーが5着に、17年の同レースでは1番人気メイショウウタゲは8着に、14年の同レースで1番人気トウシンイーグルは9着と人気に応えることができていなかった。

同コースを得意としているのがアルドーレに騎乗する和田竜二騎手だ。昨年のプロキオンSでは、14番人気のトップウイナーを2着に導いており、同騎手が1~4枠に入った場合は【1-1-1-2】と複勝率60.0%と誇っている。今回、アルドーレは4枠なだけに警戒しておきたい。

七夕賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】前走惜敗の穴馬に高評価「A」 操縦性を徹底的に鍛え上げ好気配

◆【追い切り診断】人気一角に不満の「B」評価 さすがの迫力も「全幅の信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】ヒートオンビートを上回る最高評価「S」 優勝も意識できる「狂いのない調整」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に「A」評価 柔軟な脚捌きで「平凡さをまったく感じさせない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 「距離延長がむしろプラスになる」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“10倍”前後の惑星 「実績ほど上位陣との差はない」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「立ちはだかる2つの壁」

▼データ予想
◆【騎手データ】人気馬2頭に明暗も 大穴候補は条件合致で“連対率50%”の「美浦のベテラン」

◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートに「勝率0%」の死角、「連対率100%」が後押しする人気馬とは

◆【データ攻略-後編】前走フタ桁着順の穴馬 連対率“75%”が波乱を巻き起こす

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ヒートオンビートは3枠6番に 人気馬は条件合致で勝利“50%”超えの好枠に

◆【血統傾向】ハンデ×小回りの波乱レースで狙う、単回収値「263」の穴配合

◆【脚質傾向】上がり3Fの実績に注目 データからわかる好走条件とは

◆【前走ローテ】2勝が最多の難解なレース 穴馬激走の単勝回収値1006に注目

◆【人気傾向】上位人気に不安なデータ 過去に“256万”馬券の難解なハンデ重賞

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします