【函館記念/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

17日、函館競馬場で函館記念(GIII、芝2000m)が行われる。4走前のジャパンCで4着、3走前の京都記念で3着に好走しているサンレイポケットを筆頭に、前走大阪杯で強敵相手に上り最速タイの脚を繰り出し6着と善戦したスカーフェイスや、アラタマイネルウィルトスも参戦する。

1番人気は1勝、2番人気は2勝と上位人気は低調な成績で、ハンデ戦ということを考えればある意味妥当な数字だろうか。一方で、3~5番人気は【6-0-2-22】で勝率20.0%、単勝回収率148%と単系馬券を狙うならこの人気層を狙うべき。

また、2、3着ならば下位人気が狙い目で7~14番人気の馬は【0-10-8-62】で連対率12.5%、複勝率22.5%と十分に買える成績を残している。この結果、馬連平均配当は2万2131円と高配当に。思い切った穴狙いが功を奏しそう。

◆【函館記念2022予想/騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

【函館記念/騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

今回、函館記念の「危険な人気馬」として取り上げるのは、4走前のジャパンCで4着、3走前の京都記念で3着に好走しているサンレイポケットだ。

■実績は最上位のサンレイポケット

前走の鳴尾記念で3着に入り、その後宝塚記念を予定していたが除外。七夕賞も視野にあったようだが、暑さに弱いタイプなことを考慮され函館記念に参戦してきた。4走前のジャパンCで4着、3走前の京都記念で3着に好走しているように、ここに入れば大威張りできる実力馬。函館は初となるが、京都記念で前残りの展開ながら、後方からいい脚を使って好走出来たように右回りは問題なく、メンバーレベルが下がる今回は結果を残したいところだろう。

しかし、今回不安材料が2点ある。それは、「ハンデ」と「1番人気の不振」だ。

まずは「1番人気の不振」について述べる。人気別成績を見てみると、

・人気別成績
└1番人気【1-0-0-9】
└2番人気【2-0-0-8】
└3番人気【3-0-2-5】
└4番人気【1-0-0-9】
└5番人気【2-0-0-8】
└6~9番人気【0-5-6-29】
└10番人気以下【1-5-2-61】

1番人気は1勝、2番人気は2勝と上位人気は低調な成績で、ハンデ戦ということを考えればある意味妥当な数字だろうか。一方で、3~5番人気は【6-0-2-22】で勝率20.0%、単勝回収率148%と単系馬券を狙うならこの人気層を狙うべきなのだ。

この馬は所謂「善戦マン」で、勝ち切るには余程のキレ、上積み、適性が必要となる。既に7歳にもなるベテランだが、洋芝はキャリア初。直線の長いコースでこその馬で、小回りの函館で実力を最大限に発揮できるとは到底思えない。

◆【函館記念2022予想/データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

【函館記念/データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

つぎにこの馬が背負う「ハンデ」について説明したい。斤量別成績を見てみると、

・斤量別成績
└49キロ以下/【0-0-0-3】
 勝率0.0%、複勝率0.0%
└49.5-51キロ/【0-0-0-3】
 勝率0.0%、複勝率0.0%
└51.5-53キロ/【0-3-1-12】
 勝率0.0%、複勝率25.0%
└53.5-55キロ/【5-3-6-49】
 勝率7.9%、複勝率22.2%
└55.5-57キロ/【4-2-2-52】
 勝率6.7%、複勝率13.3%
└57.5-59キロ/【1-2-1-10】
 勝率7.1%、複勝率28.6%

斤量別の成績で比較すると、斤量が53.5-55キロの馬が好成績。昨年の14番人気で2着に好走したアイスバブルや2020年に15番人気で勝利したアドマイヤジャスタなど伏兵馬の激走が6年連続で馬券に絡んでいるので人気薄でも押さえは必須だ。

◆【函館記念2022予想/追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

【函館記念/追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

一方、本馬が背負う57.5キロ以上の馬は1勝のみと勝ち切れていない。なかでも当日1番人気に推されたケースは3度あるが全て着外とふがいない結果。斤量を見込まれた馬はたとえ人気馬でも相応の割引が必要だろう。

前走から1.5キロも重い斤量を背負わされてしまうのだが、前走からの斤量比較を見てみると、斤量増減なしが【4-3-1-47】、斤量減が【5-6-8-69】に対し、斤量増は【1-1-1-13】と大きく数字を落としてしまう。いくら実力馬とはいえ、この高い壁は乗り越えられそうにない。

以上の不安点から、ここは馬券的な妙味も考え、人気一角のサンレイポケットを「消し」とする。今年のメンバー構成と道中のペースをイメージすれば、展開不問で自在な脚質を持っているアラタを中心に、アイスバブルフェアリーポルカマイネルウィルトスウインイクシードら、ある程度のポジションから競馬ができ、ハイペースでも瞬時に反応ができる馬を上位に評価したい。

▼その他、穴馬予想
◆【函館記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 条件揃い「勝ち負け争いに加わってくる」

【函館記念/穴ライズ】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 条件揃い「勝ち負け争いに加わってくる」

◆【函館記念2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の惑星 「過小評価で妙味しかない」

【函館記念/穴ライズ】想定“10人気”前後の実績馬 「過小評価で妙味しかない」

◆【函館記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 相性のいい舞台で「高配当の使者」になる

【函館記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 相性のいい舞台で「高配当の使者」になる

函館記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

◆【追い切り診断】有力馬に不満の低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

◆【追い切り診断】高評価「A」は攻め気配が上々の重賞馬 「力をフルに出せる状態」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】伏兵に馬券圏内率7割越え、「激走の2大要素」で波乱を巻き起こす

◆【騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気一角が条件合致で勝率“60%”の好枠に サンレイポケットは6枠12番

◆【血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

◆【脚質傾向】人気一角に“不安”データ 馬券圏内率7割超えの条件とは

◆【前走ローテ】人気馬に追い風も 狙うべき“穴馬”候補とは

◆【人気傾向】1人気が1勝のみの難解なレース 狙うはフタ桁人気の「ヒモ荒れ」

函館2歳S2022 データコラム一覧

◆【函館2歳ステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/前走レース】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/函館2歳ステークス2021】3番人気ナムラリコリスが外から差し切り2歳世代初の重賞馬に

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします