【函館記念/血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

17日に函館競馬場で行われる函館記念(GIII、芝2000m)の「血統傾向」を分析する。

昨年の新潟大賞典以来の重賞制覇を狙うサンレイポケットや、目黒記念2着から重賞初制覇を目指すマイネルウィルトス、前走の大阪杯で上り最速タイの脚を使い6着に好走したスカーフェイス、函館を2戦2勝と得意にしているアラタら、ハンデ戦だけに難解な1戦となりそうだ。

◆【函館記念2022予想/追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

【函館記念/追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

ここでは、血統データから読みとく函館記念の推奨馬を紹介する。

■持続力とパワーに富んだロベルトの血

データは2017年以降の函館記念を集計。3着内馬の血統表は以下の通り。

先週の推奨馬・エヒトが勝利した七夕賞と同条件のハンデ重賞であり、同じく上がりの掛かるタフなレースになりやすい。そのため切れ味タイプのディープインパクトやキングカメハメハの産駒は好走馬は出しているものの勝ち鞍はなし。また、好走している種牡馬を見てもロベルト系のシンボリクリスエスやサドラーズウェルズ系のメイショウサムソン、ローエングリンなど欧州色の強いパワータイプの好走が目立つ。これらより先週の七夕賞同様、パワーに富んだ種牡馬にスポットを当てて良さそうだ。

さらに出走馬を見渡すと54kgとハンデ減が魅力のジェネラーレウーノレッドライデンなど先行勢も豊富で例年通りペースは流れ、持続型のレースになりそうだ。よって今回は、持続力型でパワーが豊富なロベルトの血から2頭を推奨馬としてピックアップしたい。

◆【函館記念2022予想/データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

【函館記念/データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

1頭目は、スクリーンヒーロー産駒のマイネルウィルトス。昨年の函館記念では、好位で追走するも最後の直線で弾けず8着に敗れたが、3カ月の休み明けで仕上がり途上の印象だった。今年は距離短縮ローテとなる目黒記念からの臨戦であるが、父スクリーンヒーローの牡馬が、芝の1勝クラス以上のレースで前走2400m以上から距離短縮で出走すると【5-4-4-19】(勝率15.6%、連対率28.1%、複勝率40.6%/複回収値281)と抜群の成績。なかでも距離が2000~2200mと中距離の場合は【5-4-4-12】(勝率20.0%、連対率36.0%、複勝率52.0%/単回収値384)。M・デムーロが継続騎乗する点も魅力的で、初の重賞勝利に向け臨戦態勢は整ったようだ。

2頭目は母父にロベルト系のIntikhabの血を持つサトノクロニクルをピックアップ。近走不振が続いていたが、前走の巴賞でゴール目で挟まれる不利があるも3着に好走。洋芝適性を示した価値ある3着だった。中山金杯9着以来の重賞となるが、父ハーツクライ×母父ロベルト系の牡馬は、芝の1勝クラス以上のレースで、前走ローカル戦の右回りを使い、5着以内だと【3-4-2-13】(勝率13.6%、連対率31.8%、複勝率40.9%/単回収値血138)と高い複勝率を誇っている。さらに枠が3-6枠と中枠での好走すると【3-2-2-5】(勝率25.0%、連対率41.7%、複勝率58.3%/単回収値血253)と期待値が一気に上がる。枠によってはアタマも狙えそうで、どの枠を引くか注目したい一頭だ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【函館記念2022/枠順】人気一角が条件合致で勝率“60%”の好枠に サンレイポケットは6枠12番

【函館記念/枠順】人気一角が条件合致で勝率“60%”の好枠に サンレイポケットは6枠12番

◆【函館記念2022/脚質傾向】人気一角に“不安”データ 馬券圏内率7割超えの条件とは

【函館記念/脚質傾向】人気一角に“不安”データ 馬券圏内率7割超えの条件とは

◆【函館記念2022/前走ローテ】人気馬に追い風も 狙うべき“穴馬”候補とは

【函館記念/前走ローテ】人気馬に追い風も 狙うべき“穴馬”候補とは

◆【函館記念2022/人気傾向】1人気が1勝のみの難解なレース 狙うはフタ桁人気の「ヒモ荒れ」

【函館記念/人気傾向】1人気が1勝のみの難解なレース 狙うはフタ桁人気の「ヒモ荒れ」

函館記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

◆【追い切り診断】有力馬に不満の低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

◆【追い切り診断】高評価「A」は攻め気配が上々の重賞馬 「力をフルに出せる状態」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 条件揃い「勝ち負け争いに加わってくる」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の惑星 「過小評価で妙味しかない」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 相性のいい舞台で「高配当の使者」になる

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

▼データ予想
◆【騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

◆【データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】伏兵に馬券圏内率7割越え、「激走の2大要素」で波乱を巻き起こす

函館2歳S2022 データコラム一覧

◆【函館2歳ステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/前走レース】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/函館2歳ステークス2021】3番人気ナムラリコリスが外から差し切り2歳世代初の重賞馬に

文・中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします