【函館記念/枠順】人気一角が条件合致で勝率“60%”の好枠に サンレイポケットは6枠12番

第58回函館記念(GIII、芝2000m)の枠順が15日、JRAより発表された。

昨年の新潟大賞典以来の重賞2勝目を狙うサンレイポケットは6枠12番、2年連続の出走で前走・目黒記念2着から挑むマイネルウィルトスは3枠5番、函館コース2戦2勝のアラタは5枠9番、今年の中山金杯で2着だったスカーフェイスは4枠8番に入った。

◆【函館記念2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「枠順傾向」を分析していく。

■6枠は優勝1回のみ

人気が予想されるサンレイポケットが入った6枠は【1-0-0-19】勝率・連対率・複勝率5.0%と2017年に5番人気ルミナスウォリアーの優勝しかない。2015年には1番人気に推されたエアソミュールが4着に、18年は2番人気ブレスジャーニーが4着と馬券に絡めて居ない。

人気が予想されるマイネルウィルトスが入った3枠は【2-2-0-16】勝率10.0%、連対率・複勝率20.0%となっている。2020年に13番人気ドゥオーモが2着に入り波乱の要因となっており、19年には9番人気のマイネルファンロンが2着に入っていた。

最多となる7頭が馬券に絡んでいる2枠には、スマイルスカーフェイスが入った。同枠に1~4番人気が入った場合の成績が、【3-0-0-2】で勝率60.0%で単勝回収値386なだけに当日の人気は確認をしておきたい。

◆【函館記念2022予想/血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

◆【函館記念2022/前走ローテ】人気馬に追い風も 狙うべき“穴馬”候補とは

◆【函館記念2022/脚質傾向】人気一角に“不安”データ 馬券圏内率7割超えの条件とは

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします