【函館記念/追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

■マイネルウィルトス

【中間調整】ソダシ、ラヴズオンリーユーらが顔を揃えていた昨年の“スーパーGII”札幌記念では0秒4差の4着。その後アルゼンチン共和国杯、そして前走・目黒記念で2着に入るなど今回のメンバーに入れば実績上位だ。前走後は早い段階で函館記念への出走が決定。放牧先から4日に直接函館入りし、7日にウッドで初時計を消化している。内めを回ったとは言え、さっそく速い時計をマークできたあたり牧場で相当程度乗り込まれてきたようだ。10日の日曜追いでもしっかり時計になる稽古を消化。

◆【函館記念2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

【函館記念/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

【最終追い切り】助手を背に函館ウッドで単走。序盤から高いモチベーションを感じさせる活気十分の雰囲気で進むと、直線でも単走とは思えない気迫を出し豪快に伸びた。

【見解】8着に終わった昨年同様、放牧先から直接の函館入りで調整されている。しかし昨年は3カ月ぶりで、函館入りしてからも3歳未勝利に見劣るなどモタモタしていたのに比べ、今年は中6週と詰まった間隔。牧場でも緩めずしっかり乗り込んでいたようで、1週前追い、日曜追い、最終追いと覇気にあふれた姿を見せている。昨年とは雲泥の差で、勝ち負けを意識できる好気配と言える。

総合評価「S」

▼その他、追い切り診断
◆【函館記念2022予想/追い切り診断】高評価「A」は攻め気配が上々の重賞馬 「力をフルに出せる状態」

【函館記念/追い切り診断】高評価「A」は攻め気配が上々の重賞馬 「力をフルに出せる状態」

◆【函館記念2022予想/追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

【函館記念/追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

◆【函館記念2022予想/追い切り診断】有力馬に不満の低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

【函館記念/追い切り診断】有力馬に不満の低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

函館記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 条件揃い「勝ち負け争いに加わってくる」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の惑星 「過小評価で妙味しかない」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 相性のいい舞台で「高配当の使者」になる

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

▼データ予想
◆【騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

◆【データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】伏兵に馬券圏内率7割越え、「激走の2大要素」で波乱を巻き起こす

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気一角が条件合致で勝率“60%”の好枠に サンレイポケットは6枠12番

◆【血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

◆【脚質傾向】人気一角に“不安”データ 馬券圏内率7割超えの条件とは

◆【前走ローテ】人気馬に追い風も 狙うべき“穴馬”候補とは

◆【人気傾向】1人気が1勝のみの難解なレース 狙うはフタ桁人気の「ヒモ荒れ」

函館2歳S2022 データコラム一覧

◆【函館2歳ステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/前走レース】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは
◆【函館2歳ステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/函館2歳ステークス2021】3番人気ナムラリコリスが外から差し切り2歳世代初の重賞馬に

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします