【函館記念/穴ライズ】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 条件揃い「勝ち負け争いに加わってくる」

■ハヤヤッコ

前走は最長距離GIの天皇賞・春。道中は後方に構えてスパートのタイミングを窺っていたものの、直線を迎えたころには脚色が残っておらず、最後は15着に沈んでいる。さすがに距離が長かった印象で、トップクラス相手もこの馬にとっては厳しかった。度外視していい一戦。

◆【函館記念2022予想/騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

【函館記念/騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

2018年のデビュー当初こそ3戦連続で芝のレースを使われていたが、4戦目から砂路線へ矛先を向けると、2走前の日経賞まで23戦連続でダート戦へ出走。そして自身にとって久々の芝でのレースとなった日経賞では、内ラチ沿いをうまく立ち回り、最後まで渋太く伸びてタイトルホルダーから0秒4差の5着に健闘している。勝ち馬は次走の天皇賞・春を勝利、2着馬のボッケリーニも目黒記念を優勝しており、これらのハイレベルな相手に3年半ぶりの芝で差のない競馬をできたのは評価したい。稍重まで渋っていた馬場も好走を後押しした。

今回は最内枠を引き当て、レース当日の天気も雨予報。距離とコースは違うものの、日経賞と同じようなレースができる公算が大きい。であれば当時よりメンバーレベルが下がる今回、勝ち負け争いに加わってくる可能性は十分にありそうだ。

▼その他、穴馬予想
◆【函館記念2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の惑星 「過小評価で妙味しかない」

【函館記念/穴ライズ】想定“10人気”前後の実績馬 「過小評価で妙味しかない」

◆【函館記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 相性のいい舞台で「高配当の使者」になる

【函館記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 相性のいい舞台で「高配当の使者」になる

◆【函館記念2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

【函館記念/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

函館記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

◆【追い切り診断】有力馬に不満の低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

◆【追い切り診断】高評価「A」は攻め気配が上々の重賞馬 「力をフルに出せる状態」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】伏兵に馬券圏内率7割越え、「激走の2大要素」で波乱を巻き起こす

◆【騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気一角が条件合致で勝率“60%”の好枠に サンレイポケットは6枠12番

◆【血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

◆【脚質傾向】人気一角に“不安”データ 馬券圏内率7割超えの条件とは

◆【前走ローテ】人気馬に追い風も 狙うべき“穴馬”候補とは

◆【人気傾向】1人気が1勝のみの難解なレース 狙うはフタ桁人気の「ヒモ荒れ」

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-函館記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします