【中京記念/人気傾向】複勝率60%の“狙い目” 過去“330万”馬券の大波乱も

24日に小倉競馬場で行われる第70回中京記念(GIII、芝1800m)のデータを紹介する。

前走・マイラーズC3着から重賞初制覇を狙うファルコニア、昨年のターコイズSを制し重賞ウイナーの仲間入りを果たしたミスニューヨーク、昨年の京成杯AH以来となる重賞2勝目を狙うカテドラル、重賞で3着3回のカイザーミノルらが出走する。

◆【中京記念2022予想/追い切り診断】ミスニューヨークを上回る最高評価「S」 前走より「気迫は段違い」

【中京記念/追い切り診断】ミスニューヨークを上回る最高評価「S」 前走より「気迫は段違い」

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「人気傾向」を分析していく。

■2番人気に注意

2020年には、1着に18番人気メイケイダイハード、2着に6番人気ラセット、3着に9番人気エントシャイデンが入り、3連単330万2390円の高配当が出た。1番人気は【2-0-2-6】勝率・連対率20.0%、複勝率40.0%で、昨年の1番人気アンドラステと、2018年のグレーターロンドンが制している。

2番人気は【0-1-0-9】勝率0.0%、連対率・複勝率10.0%と過去10年で1回しか馬券に絡んでいない。そもそも、過去10年で掲示板に載ったのが2回しかなく信頼に欠ける。

また、最多3回の優勝は5番人気で【3-1-2-4】勝率30.0%、連対率40.0%、複勝率60.0%と好成績を残しており、昨年も5番人気のクラヴェルが3着に入っている。

予想人気

 1番人気:ファルコニア
 2番人気:ミスニューヨーク
 3番人気:カテドラル

▼その他、過去10年データ傾向
◆【中京記念2022/枠順】ファルコニアは大外8枠15番、条件合致で複勝率50.0%の好枠に

【中京記念/枠順】ファルコニアは大外8枠15番、条件合致で複勝率50.0%の好枠に

◆【中京記念2022予想/血統傾向】小倉で覚醒する単回収値「317」の血 コース替わりで警戒の穴馬

【中京記念/血統傾向】小倉で覚醒する単回収値「317」の血 コース替わりで警戒の穴馬

◆【中京記念2022/脚質傾向】末脚より重視すべきは“前”のポジション 逃げは単回収値「226」

【中京記念/脚質傾向】末脚より重視すべきは“前”のポジション 逃げは単回収値「226」

◆【中京記念2022/前走ローテ】米子S組が優勢も開催変更で“暗雲” 狙いは「前走掲示板」の馬

【中京記念/前走ローテ】米子S組が優勢も開催変更で“暗雲” 狙いは「前走掲示板」の馬

中京記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ミスニューヨークを上回る最高評価「S」 前走より「気迫は段違い」

◆【追い切り診断】重賞馬に疑惑の「B」評価 「疲れが抜け切っていない」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に「A」評価 「人馬の息はぴったり」の好仕上がりも

◆【追い切り診断】伏兵に人気一角と並ぶ高評価「A」 「センスあふれる走りができている」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「好走の材料は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の実績馬 「条件と臨戦過程が最もいい」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「メンバーの中でも潜在能力なら格上」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「身体的な疲労が大きい」

▼データ予想
◆【騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

◆【データ攻略-前編】ミスニューヨークに「連対率0%」の壁 人気一角に「馬券内率7割超え」

◆【データ攻略-後編】「馬券内率100%」の穴馬 夏の小倉替わりが後押し

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします