【MLB】大谷翔平、2度目のオールスターは全打席出塁 イチロー、松井秀喜以来のヒット

オールスター第1打席でカーショーから初ヒットを放った大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

MLBオールスターが19日(日本時間20日)ドジャースタジアムにて開催され、ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平はア・リーグの「1番DH」で出場。第1打席は安打、第2打席は四球で1打数1安打1四球。5回に途中交代した。

◆【実際の映像】大谷翔平、カーショーから球宴初安打 初球をセンター前へ

■カーショーの初球を捉えセンター前へ

大谷は1打席にサイ・ヤング賞に3度輝いたクレイトン・カーショーの初球を捉えセンター前へ。オールスターではイチロー松井秀喜以来のヒットを放った。しかし、その直後のアーロン・ジャッジの打席では牽制死でアウトとなり盗塁とはならなかった。さらに、3回に迎えた第2打席ではジョー・マスグローブ相手に四球を選んだ。

大谷の2度目のオールスターは1打数1安打1四球で2打席連続出塁となった。なお、試合は4回を終了した時点でア・リーグが3-2でリードしている。

◆大谷翔平の“紳士対応”が「スーパースター」 球宴で大人気「選手にとって憧れ」

◆大谷翔平、カーショーからの初安打に「ホームランか空振りのつもりが、一番しぶいヒット」

◆大谷翔平は“ミス”も絵になる!? 苦笑いも「牽制死した時ですら愛らしい」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします