【中京記念/データ攻略-後編】「馬券内率100%」の穴馬 夏の小倉替わりが後押し

前編ではカイザーミノルミスニューヨークのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【中京記念2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の実績馬 「条件と臨戦過程が最もいい」

【中京記念/穴ライズ】想定“10人気”前後の実績馬 「条件と臨戦過程が最もいい」

■データが導く2022中京記念の穴馬候補は

<穴候補1 ベレヌス>

リステッド競走を中心に使われた近走。2着の前走は手ごろな頭数+スロー逃げがハマった感もあり人気上昇とまではいかなそうな馬だが、データ面での後押しは存在する。

・夏の小倉成績【1-0-2-0】

馬券内率は驚異の100%。特筆すべきは馬券内に入った3戦中2戦が4人気以下と、戦前の人気を上回る好走だった点にある。典型的な夏馬で、気温30度超えが予想される小倉替わりは好材料だ。

◆【中京記念2022予想/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

【中京記念/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

<穴候補2 ヴァリアメンテ>

昇級初戦の前走米子Sは掲示板外。オープンクラスの壁はまだまだ高いと思わせた一戦だったが、以下のデータを見れば印象は一変するはずだ。

・ドゥラメンテ産駒の2勝クラス以上小倉芝1800m成績【2-3-0-1】

タイトルホルダーにスターズオンアースと、春のGIシリーズを席巻したドゥラメンテ産駒。この血統がもっとも真価を発揮するのは2勝クラス以上の小倉芝1800mであることはあまり知られていないはずだ。この馬自身、芝1800mでは【2-0-1-1】と安定。見限るにはまだ早い。

▼その他、データ予想
◆【中京記念2022予想/データ攻略-前編】ミスニューヨークに「連対率0%」の壁 人気一角に「馬券内率7割超え」

【中京記念/データ攻略-前編】ミスニューヨークに「連対率0%」の壁 人気一角に「馬券内率7割超え」

◆【中京記念2022予想/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

【中京記念/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

中京記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ミスニューヨークを上回る最高評価「S」 前走より「気迫は段違い」

◆【追い切り診断】重賞馬に疑惑の「B」評価 「疲れが抜け切っていない」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に「A」評価 「人馬の息はぴったり」の好仕上がりも

◆【追い切り診断】伏兵に人気一角と並ぶ高評価「A」 「センスあふれる走りができている」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「好走の材料は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の実績馬 「条件と臨戦過程が最もいい」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「メンバーの中でも潜在能力なら格上」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「身体的な疲労が大きい」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ファルコニアは大外8枠15番、条件合致で複勝率50.0%の好枠に

◆【血統傾向】小倉で覚醒する単回収値「317」の血 コース替わりで警戒の穴馬

◆【脚質傾向】末脚より重視すべきは“前”のポジション 逃げは単回収値「226」

◆【前走ローテ】米子S組が優勢も開催変更で“暗雲” 狙いは「前走掲示板」の馬

◆【人気傾向】複勝率60%の“狙い目” 過去“330万”馬券の大波乱も

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022中京記念-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします