【中京記念/データ攻略-前編】ミスニューヨークに「連対率0%」の壁 人気一角に「馬券内率7割超え」

今週は小倉競馬場でGIII・中京記念(芝1800m)が行われる。

昨年に続いて小倉芝1800mでの施行となる当レース。コーナー4つの舞台設定ゆえ器用さが問われる一戦でもあり、夏競馬特有の暑さとオール野芝に対する馬場適性も重要になりそうだ。

◆【中京記念2022予想/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

【中京記念/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

データで紐解く今年の中京記念。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

■カイザーミノルを後押しする「馬券内率71.4%」

前走米子Sは6人気2着。積み重ねた実績と人気がなかなか比例しないタイプゆえここも絶対的な評価にはならないだろう。距離適性を含め半信半疑のオッズが予想されるが、この馬で強調したいデータがこちら。

・平坦芝の成績【3-1-1-2】

馬券内率は71.4%。このなかには3歳夏の小倉芝勝利実績も含まれる。昨年は夏の新潟を勝ち切っているように、この時季特有のオール野芝に対する適性が極めて高い1頭だ。平坦巧者かつオール野芝巧者である以上、ノーマークは危険かもしれない。

◆【中京記念2022予想/追い切り診断】ミスニューヨークを上回る最高評価「S」 前走より「気迫は段違い」

【中京記念/追い切り診断】ミスニューヨークを上回る最高評価「S」 前走より「気迫は段違い」

■ミスニューヨークの不安要素は「オール野芝適性」

ヴィクトリアマイルこそ惨敗を喫したが、昨年夏以降に使われたGIIIでは大崩れなし。4勝を挙げる1800m替わりで巻き返しを期するのがミスニューヨークだ。ローカルのメンバー構成を考えると上位人気が濃厚な1頭だが、得意距離で臨むアドバンテージを打ち消すようなデータを見つけてしまった。

・オール野芝の成績【0-0-1-2】

4着に入った昨年は健闘の部類に入るのかもしれないが、その次走小倉日経オープンは非重賞のメンバー構成にもかかわらず3着がやっと。この時季特有の高速馬場で持ち時計の限界が露呈してしまった印象を受けた。5勝中4勝が稍重-重という道悪巧者。いまの小倉芝への適性には疑問が残る。

▼その他、データ予想
◆【中京記念2022予想/データ攻略-後編】「馬券内率100%」の穴馬 夏の小倉替わりが後押し

【中京記念/データ攻略-後編】「馬券内率100%」の穴馬 夏の小倉替わりが後押し

◆【中京記念2022予想/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

【中京記念/騎手データ】栗東の大ベテランに一発の可能性 軸にすべきは条件合致で“連対率75%”の名手

中京記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ミスニューヨークを上回る最高評価「S」 前走より「気迫は段違い」

◆【追い切り診断】重賞馬に疑惑の「B」評価 「疲れが抜け切っていない」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に「A」評価 「人馬の息はぴったり」の好仕上がりも

◆【追い切り診断】伏兵に人気一角と並ぶ高評価「A」 「センスあふれる走りができている」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「好走の材料は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の実績馬 「条件と臨戦過程が最もいい」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「メンバーの中でも潜在能力なら格上」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「身体的な疲労が大きい」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ファルコニアは大外8枠15番、条件合致で複勝率50.0%の好枠に

◆【血統傾向】小倉で覚醒する単回収値「317」の血 コース替わりで警戒の穴馬

◆【脚質傾向】末脚より重視すべきは“前”のポジション 逃げは単回収値「226」

◆【前走ローテ】米子S組が優勢も開催変更で“暗雲” 狙いは「前走掲示板」の馬

◆【人気傾向】複勝率60%の“狙い目” 過去“330万”馬券の大波乱も◆【中京記念2022予想/データ攻略-後編】「馬券内率100%」の穴馬 夏の小倉替わりが後押し

◆【中京記念2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「身体的な疲労が大きい」

◆【中京記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「メンバーの中でも潜在能力なら格上」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022中京記念-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします