【スポーツビジネスを読む】ABEMA仕掛け人・株式会社サイバーエージェントの藤井琢倫執行役員に聞く 後編 「勝利の方程式」をアジアなど海外展開へ

ABEMAの「勝利の方程式」について明かしてくれた藤井琢倫執行役員

日本格闘技史上「世紀の一戦」と呼ばれた那須川天心対武尊は『THE MATCH 2022』として6月19日に行われ、その模様は地上波放送がなく「ABEMA」のペイパービューPPV)のみで配信され、券売は50万以上を記録した。後日実施された無料配信においては、視聴数は200万以上となった。

このABEMAの仕掛け人株式会社サイバーエージェント藤井琢倫執行役員がスポーツビジネスにかかわりを持つようになったのは、ABEMAの開局からだそうだ。それまでテレビでオンエアされていたスポーツ・コンテンツをどこにいても快適な通信で、より高画質で届けられる点を指標にコンテンツ開拓をして来た。何しろインターネットを介しての映像サービスゆえ、開局時はABEMA編成局長だった藤井さんとして、若者に人気のありそうなスポーツをテーマに取り込んで来た。「意識していたのは『◯◯と言ったらABEMA』という象徴的なスポーツ」だったそうだ。

◆【スポーツビジネスを読む】ABEMA仕掛け人・株式会社サイバーエージェント藤井琢倫執行役員に聞く 前編 『THE MATCH』地上波放送なしの舞台裏

■意識していたのは『◯◯と言ったらABEMA』

藤井さんは「初期の頃は、エクストリーム・スポーツに取り組んでいました。ABEMAの特色を作るため、サーフィン、スケボー、スノボだけの『ヨコノリチャンネル』をつくったこともありました。テレビではあまりメインで扱わないが、若い人が趣味でやっているようなスポーツに力を入れました」と開局当初を振り返る。

そうして様々なジャンルに挑戦、試行錯誤の結果、プロレスを含む格闘技が若い層から40代、50代まで幅広く人気を博すと把握。この証跡としてはABEMAの視聴数、メインカードのLIVEのみならず、特集なども数字がよく、さらにそれ以外のYouTubeでの前振り、煽り映像など反応がよいものから判断していった。「まずわかったことは(格闘技は)ファンが継続視聴してくれ、定着しやすかったことです。開局当初から試行錯誤した結果、現在の配信に落ち着きました」とその経緯を語った。

この6年で藤井さんにはABEMAならではの「勝利の方程式」が見えて来たそうだ。

ABEMAで選手をフィーチャーする際、試合直前にPRしただけでは視聴者はついて来ない。長い期間を通して選手にフォーカスし、ABEMAの他番組でも出演させ、じわじわと露出を増やし選手を育てる。試合前にはもちろん特集を作成し、試合後はニュースを仕立てる。こうすることで大会出場時の一過性の盛り上がりだけではなく、蓄積されたロイヤリティの高いファンが増え、醸造されて行くのだと言う。これはスポーツが抱える問題点をも解決している。日本のスポーツ市場は常に五輪やW杯、世界陸上などの大きな大会の際は大いにスポーツが盛り上がる特性を持つ。放送でその瞬間だけを切り取るのではなく、コンスタントにスポーツをフィーチャーできれば、日本のスポーツにおける社会的ステータス向上さえ可能に思われる。

大好きな釣りにも「勝利の方程式」が? 写真提供:本人

さらにABEMAでの出演が増え、YouTubeでも露出が多くなると、選手自身も成長する。選手たちも自分たちをどう見せたらいいのか、SNSを通じたセルフプロデュースができるようになる副産物も生じたとか。「これによりファンが貯まる構造が生み出され、さらにABEMAで視聴するようになります。現在はキックボクシングやMMAを中心に力を入れていますが、今後はボクシングなども手掛けて行きたいと考えています。また、この『勝利の方程式』が他のスポーツ、例えばプロ野球などでも通用するのかチャンレジしてみたいです」と藤井さんはさらに先を見据える。

ABEMAでは、ご存知の通りMLBも視聴可能。しかし海外コンテンツがゆえにこの「勝利の方程式」が適応できない。選手を登用しようにも、海外では難しい。「ABEMAが最後の出口になっていることが大事だと考えています。世の中の流れをにらみながら共に情報の出し方やストーリーを考えていけるパートナーさんが必要です」と藤井さんは配信コンテンツのスポーツ・パートナーについて話した。

着々と日本のスポーツ、日本のエンターテインメントの視聴方法に変革をもたらしているABEMA、今後はどんな展開が考えられるのだろうか。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします