【MLB】鈴木誠也は7号2ランに4安打 ここ14試合で打率.400

9回に7号2ランを放った鈴木誠也 (C) Getty Images

シカゴ・カブス鈴木誠也は22日(日本時間23日)、敵地シティズン・バンク・パークでのフィラデルフィア・フィリーズ戦に「3番右翼」で先発出場。4回にライト前ヒット、5回には三塁への内野安打、8回にセンター前ヒット、さらに9回の第6打席で7号2ランを放ちメジャー初の1試合4安打を記録した。

◆【実際の映像】鈴木誠也、12試合ぶりの本塁打 チーム公式Twitterは「鈴木は今シーズン7本目の本塁打!」と興奮気味に報じる

■直近7試合で打率.448

敵地センター後方の「森」に打ち込まれた鈴木の本塁打は5日(同6日)のブルワーズ戦以来、12試合ぶりながら7月は3本目。12日(同13日)のボルチモア・オリオールズ戦から続く連続試合安打は7に伸ばした。この試合、9回の鈴木の打席までカブスは13ー1と大量リード。もはや勝負が決していたために、フィリーズのマウンドには、キャッチャーのギャレット・スタッブスが上がっていた。

鈴木はここ14試合50打数20安打でホームラン3本この間、打率.400と調子を上げて来ている。さらに直近7試合では打率.448。これで今季打率も.286まで引き上げた。

◆2戦連発の鈴木誠也 “クソボール”をさばいた技あり弾にチームメートもビックリ「信じられない男だ」

◆鈴木誠也、復帰後2試合連続の6号ロケット弾 実況も「おかえりセイヤ」と大興奮

◆【実際の映像】大谷翔平、11個目の三振は落差のある149キロ“お化け”フォーク

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします