Advertisement

【RIZIN.37】伊澤星花、ワールドGPで7戦無敗の超強豪に挑む“新世代女王”の矜持 「女子格、なめんなよ」

 

【RIZIN.37】伊澤星花、ワールドGPで7戦無敗の超強豪に挑む“新世代女王”の矜持 「女子格、なめんなよ」
RIZIN女子スーパーアトム級王者・伊澤星花(C)RIZIN FF

湘南美容クリニック presents RIZIN.37』は31日、さいたまスーパーアリーナで開催される。

本大会の“盛り上がり”を左右するのは、2017年以来5年ぶり2度目の開催となる「RIZIN WORLD GRAND-PRIX 2022 スーパーアトム級トーナメント」の1回戦だ。

現スーパーアトム級王者・伊澤星花、初代・第3代スーパーアトム級王者の浜崎朱加、シュートボクシングのRENA、17年女子スーパーアトム級GP覇者の浅倉カンナと、RIZIN女子を体現する4選手が参戦。海外勢を迎えて、初戦突破を目指す。

◆【RIZIN.37】7月31日さいたまスーパーアリーナ大会詳細 “キングカズ息子”三浦孝太、ジョニーケース、所英男、YUSHI…全15カード一覧、中継・配信情報

ここでは、「伊澤星花 vs. ラーラ・フォントーラ」、「浜崎朱加 vs. ジェシカ・アギラー」の見どころを紹介する。

■ファンに衝撃を与えた伊澤の実力

伊澤星花は、今トーナメント優勝の大本命。レスリングで培われたタックルや極めの強さを武器とする新世代王者で、今後の女子格闘技界を背負う逸材として期待される。

幼い頃から柔道、レスリングに取り組み、その才能が開花した伊澤。レスリングで全国中学生選手権優勝、高校では柔道でインターハイ3位、全日本女子相撲選手権準優勝など輝かしい実績を残し、2020年にプロデビュー。

21年6月にプロ3戦目で「DEEP JEWELS」ストロー級のベルトを巻くと、勢いのまま、2021年大晦日にRIZINの舞台へ。この時、一部ファンを除き、伊澤の実力を知るファンは少なかっただろう。

たったプロ5戦目で大晦日の舞台に上がった伊澤は、当時の王者・浜崎朱加と激突。試合は一方的な展開となり、2Rに伊澤がパウンドでTKO勝利。ワンマッチながら王者から大金星を挙げた。さらに、今年4月には、ベルトをかけた浜崎との再戦で完勝を収め、赤いベルトを腰に巻いた。

Advertisement


まさに文句なしの戴冠だった。リング上では、嬉しさで笑顔がこぼれるのかと思いきや、伊澤は「途中で気持ちが折れ掛けたり、まだまだ甘いところばっかり。しっかり胸を張って世界一になれるよう頑張っていきます」と涙を流した。バックステージでは、その涙は”悔し涙”だったと明かしている。いかに、伊澤が高いレベルを求めているかが理解できる。

「RIZIN.35」で浜崎朱加(写真下)を圧倒した伊澤星花(C)RIZIN FF

ベルト戴冠をゴールとせず、世界最強を見据えているからこその涙だろう。女子トーナメント開催も伊澤自らアピールしたもの。「全員トーナメントで当たった相手を文句なしで倒して、皆さんに認めていただきたい」と語っている。伊澤の存在がなければ、GP開催も実現しなかったかもしれない。それほど彼女の存在感は際立っている。

公開されたRIZINのYouTube映像「RIZIN CONFESSIONS」では、自分より10kg以上重い男子を相手にインターバルなしでスパーリングを行う様子が映し出されていた。過酷な練習により、伊澤は5分3ラウンド攻め続ける無限のスタミナを手に入れた。試合の翌日から練習に励むなど、そのストイックさはやはり超一流。今回のトーナメントでも破格の強さを見せてくれそうだ。