【今週の決戦】熱パ首位攻防戦はソフトバンク柳田悠岐 vs. 西武・山川穂高の主砲対決に注目

貯金6で終えた首位ターンを決めた福岡ソフトバンク・ホークスと貯金5の2位・埼玉西部ライオンズの首位攻防戦は、PayPayドームでの重要な後半戦最初の3連戦。ここではもちろん “主砲対決”に注目したい。

◆【今週の決戦】首位攻防戦を占うは阪神・中野拓夢 vs. ヤクルト塩見泰隆のリードオフマン対決

■オールスターでは両打者ともに本塁打を放つ

ソフトバンクは柳田悠岐の爆発に期待だ。

前半戦は70試合に出場して打率.276、13本塁打、48打点。開幕から本調子ではなかった中でも奮闘を続けると、7月は16試合で月間打率.371(62打数23安打)と急上昇。前半戦最後の一戦ではチームは敗れたが2打席連続本塁打を含む4打数4安打の固め打ちを披露した。オールスターでも第2戦で本塁打を放ってMVPを受賞。この勢いを後半戦最初のカードに持ち込めるか。

一方、西武の注目は山川穂高だ。

前半戦は79試合に出場して打率.267、29本塁打、58打点で本塁打王を独走中。しかし、6月は月間打率.211、7月も月間打率.188と下降線。本塁打こそ6月7本、7月5本で打ててはいるが、調子自体は良くない。しかし、オールスターでは第1戦で本塁打を放って実力を再アピール。“休養”を経て、後半戦から調子を取り戻すつもりだ。

今季の両チームの対戦成績は、ソフトバンクが7勝3敗1分とリード。柳田は西武戦で打率.333で1本塁打、山川はソフトバンク戦で打率.280で3本塁打。オールスターでも本塁打を放った両主砲が、首位攻防戦の中でアーチを放てるか。「柳田vs. 山川」の対決の結果が、勝敗を大きく左右する。

◆得点圏打率上位の2人が勝負を決めるか、オリックス宗佑磨 vs. ソフトバンク牧原大成

◆パ・リーグの”松本対決”が再度実現、西武・松本航 vs. 日本ハム・松本剛の軍配は……

◆ソフトバンクの首位堅守に立ちはだかるはオリックス宮城大弥か、柳田悠岐が打ち崩すのか

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします