Advertisement

【アイビスSD/追い切り診断】有力馬に最高評価「S」 前走敗戦から「目標の一戦へ万全の調整」

【アイビスSD/追い切り診断】有力馬に最高評価「S」 前走敗戦から「目標の一戦へ万全の調整」

■オールアットワンス

【中間調整】昨年のアイビスSD覇者で、この条件での強さは証明済み。それを考えると前走・韋駄天Sの0秒4差6着は案外だが、2枠4番からのスタートで、中団からラチ沿いへ出すのに手間取り、開催6日目で緩くなっていた馬場にノメるような場面もあった。情状酌量の余地がある敗戦だったと言っていい。その後は連覇の懸かるアイビスSDを念頭に休養。7月上旬に美浦へ戻り12日に坂路15-15、14日にウッドでさっそく3頭併せという立ち上がりを見せる。1週前追いはウッドで2頭併せ。未勝利とは言え稽古駆けする相手を手応えで圧倒し、3馬身差を楽に詰めての併入フィニッシュとした。

◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/騎手データ】内枠の「重賞ハンター」が堅軸か 穴馬候補は「美浦の中堅騎手」

【アイビスSD/騎手データ】内枠の「重賞ハンター」が堅軸か 穴馬候補は「美浦の中堅騎手」

【アイビスSD/騎手データ】内枠の「重賞ハンター」が堅軸か 穴馬候補は「美浦の中堅騎手」

【最終追い切り】ウッドで単走。時計となったのは4Fあたりからで、強い前進気勢を鞍上が絶妙にセーブし直線に入る。闘志を秘めて馬場の真ん中をブレなく進むと、満を持しての仕掛けへ機敏に反応しスパッと切れた。素軽さ満点と言える動き。

【見解】夏場は体がよく動くのか、この中間の動きは前走時と比べて見違えるハツラツさがある。華奢な体は逞しさを増し、そのあたりを陣営が汲んで目標の一戦へしっかり攻めを強めているのは好感が持てる。目標に据えたレースに狂いのない万全の調整をこなせており、勝ち負けを意識できる状態だろう。

総合評価「S」

▼その他、追い切り診断
◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/追い切り診断】満を持して千直参戦の“刺客”に高評価「A」 「充実一途の感あり」

【アイビスSD/追い切り診断】満を持して千直参戦の“刺客”に高評価「A」 「充実一途の感あり」

【アイビスSD/追い切り診断】満を持して千直参戦の“刺客”に高評価「A」 「充実一途の感あり」

◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/追い切り診断】“千直の鬼”にまさかの低評価「B」 実績上位も「状態面からは推しづらい」

【アイビスSD/追い切り診断】“千直の鬼”にまさかの低評価「B」 実績上位も「状態面からは推しづらい」

【アイビスSD/追い切り診断】“千直の鬼”にまさかの低評価「B」 実績上位も「状態面からは推しづらい」

◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

【アイビスSD/追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

【アイビスSD/追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

アイビスサマーダッシュ2022予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】内枠の「重賞ハンター」が堅軸か 穴馬候補は「美浦の中堅騎手」

Advertisement


▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の盲点 「逆襲の条件は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走惜敗で“人気落ち”の妙味 「買い目には加えておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「乗り替わり」がプラスに働く

◆【危険な人気馬】実績上位の人気馬は“消し”評価 「上積みは見込みづらい」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】マリアズハートは“鬼門”の3枠 断然優位の8枠には伏兵陣がずらり

◆【血統傾向】条件合致で複回収値「560」に上昇 オッズ2桁想定の伏兵

◆【脚質傾向】逃げ・先行が圧倒も、単回収値「118」を誇る前走10番手以下に警戒

Advertisement


◆【前走ローテ】主力は新潟“千直”組 3年連続連対のライオンボスは「判断不能」

クイーンステークス2022 データコラム一覧

▼データ予想
◆【クイーンステークス2022予想/データ攻略-前編】ウォーターナビレラは「馬券内率100%」で“不動”の軸 人気一角には不安要素あり

◆【クイーンステークス2022予想/データ攻略-後編】連対率“驚異”の100%を示す穴馬 実績下位も「洋芝×距離短縮」の好走条件

▼その他、過去10年データ傾向
◆【クイーンステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/クイーンステークス2021】3番人気テルツェットが雨のなかクビ差で差し切って重賞2勝目

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします