【アイビスSD/追い切り診断】満を持して千直参戦の“刺客”に高評価「A」 「充実一途の感あり」

■ヴェントヴォーチェ

【中間調整】オープン昇級3戦目だった4月の春雷Sで3馬身差快勝を収めた。続く前走の函館スプリントは中位追走に手一杯といった雰囲気で、直線でもジワリと脚を使っただけの0秒5差7着。重賞初挑戦はほろ苦い結果に終わった。肉体面のダメージは少なかったようで、その後は短期放牧を挟み、3歳時に勝利経験のある千直戦への進出を決定。6月末に栗東へ戻り、乗り込みが進んでいる。坂路で徐々に時計を詰め、13日時点でラスト2F12秒4-12秒2(馬なり)と、上々の切れを披露した。20日の1週前追いには福永騎手が騎乗し、坂路で併せ馬。古馬1勝クラス相手ではあったが、ゴール手前でグイッと抜け出し2馬身先着という豪快な動きを示した。

◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/穴馬アナライズVol.2】前走惜敗で“人気落ち”の妙味 「買い目には加えておきたい」

【アイビスSD/穴ライズ】前走惜敗で“人気落ち”の妙味 「買い目には加えておきたい」

【最終追い切り】1週前にしっかり負荷が掛かっており、レース当週は終い重点の馬なり調整。ブレの少ない集中した雰囲気で進み、軽くゴーサインを出されたラストでは単走とは思えない気迫で伸びた。

【見解】短期放牧を挟んでいるとは言え、函館遠征帰り。疲れが気になるところだが帰厩後の動きは活気に溢れ、心配は無用といったところ。最終追いも、これまではもう少し淡白な内容で済ますケースが多かったが、今回は4F全体で53秒4(馬なり)とこの馬としてはかなり攻めたほうだ。充実一途の感があり、好勝負に期待できる。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/追い切り診断】“千直の鬼”にまさかの低評価「B」 実績上位も「状態面からは推しづらい」

【アイビスSD/追い切り診断】“千直の鬼”にまさかの低評価「B」 実績上位も「状態面からは推しづらい」

◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

【アイビスSD/追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/追い切り診断】有力馬に最高評価「S」 前走敗戦から「目標の一戦へ万全の調整」

【アイビスSD/追い切り診断】有力馬に最高評価「S」 前走敗戦から「目標の一戦へ万全の調整」

アイビスサマーダッシュ2022予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】内枠の「重賞ハンター」が堅軸か 穴馬候補は「美浦の中堅騎手」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の盲点 「逆襲の条件は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走惜敗で“人気落ち”の妙味 「買い目には加えておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「乗り替わり」がプラスに働く

◆【危険な人気馬】実績上位の人気馬は“消し”評価 「上積みは見込みづらい」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】マリアズハートは“鬼門”の3枠 断然優位の8枠には伏兵陣がずらり

◆【血統傾向】条件合致で複回収値「560」に上昇 オッズ2桁想定の伏兵

◆【脚質傾向】逃げ・先行が圧倒も、単回収値「118」を誇る前走10番手以下に警戒

◆【前走ローテ】主力は新潟“千直”組 3年連続連対のライオンボスは「判断不能」

クイーンステークス2022 データコラム一覧

▼データ予想
◆【クイーンステークス2022予想/データ攻略-前編】ウォーターナビレラは「馬券内率100%」で“不動”の軸 人気一角には不安要素あり

◆【クイーンステークス2022予想/データ攻略-後編】連対率“驚異”の100%を示す穴馬 実績下位も「洋芝×距離短縮」の好走条件

▼その他、過去10年データ傾向
◆【クイーンステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/クイーンステークス2021】3番人気テルツェットが雨のなかクビ差で差し切って重賞2勝目

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします