【クイーンS/データ攻略-前編】ウォーターナビレラは「馬券内率100%」で“不動”の軸 人気一角には不安要素あり

今週は札幌競馬場でGIII・クイーンS(芝1800m)が行われる。

昨年は函館での施行だったが、今年は例年通り札幌開催。2週目に行われるレースということで、逃げ先行馬の勝利が目立っている印象だ。それを踏まえつつ、過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに分析していきたい。

◆【クイーンステークス2022予想/データ攻略-後編】連対率“驚異”の100%を示す穴馬 実績下位も「洋芝×距離短縮」の好走条件

【クイーンS/データ攻略-後編】連対率“驚異”の100%を示す穴馬 実績下位も「洋芝×距離短縮」の好走条件

■ウォーターナビレラの追い風は「馬券内率100%」データ

桜花賞2着、阪神JF3着。積み重ねた実績はメンバー中随一と言えるのがウォーターナビレラだ。ここは断然人気が予想されるが、1800mの距離は未経験。1400-1600mが主戦場の馬だけに半信半疑の側面もあるが、今回は以下のデータが追い風となる。

・年齢が3歳かつGIで3人気内あり【2-0-1-0】

馬券内率に換算すると100%。アイムユアーズやアエロリットが勝利を収め、洋芝未経験のミッドサマーフェアもきっちり馬券内を確保した強力なデータだ。この馬自身、札幌芝の新馬戦を勝ち上がったように洋芝適性は申し分なし。秋のビッグタイトル獲得に向けて落とせない一戦と言えるだろう。

◆【アイビスサマーダッシュ2022予想/追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

【アイビスSD/追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

■ホウオウピースフルの不安要素は「前走函館芝1800m組」

前走巴賞は牡馬相手に久々の勝利。洋芝適性を武器に重賞勝利を狙うのがホウオウピースフルだ。主戦騎手が騎乗できない事情こそあれ、適性を疑う余地はなし。人気の一角を占めることが予想されるが、データ面での不安要素は存在する。

・前走函館芝1800m組の成績【0-1-1-13】

馬券内に入った2頭のうち1頭は、函館芝1800m開催だった昨年の3着馬サトノセシル。それを除くと好走率はさらに下がってしまう。この違いを生む要因となっているのが、函館芝と札幌芝の馬場コンディションの差。昨年とは異なるシチュエーションで速い時計が想定される以上、時計のかかる函館芝に適性を示したこの馬の信頼度には疑問符が付く。

後編」では連対率100%の好条件を備えた穴馬候補を紹介する。

▼その他、データ予想
◆【クイーンステークス2022予想/データ攻略-後編】連対率“驚異”の100%を示す穴馬 実績下位も「洋芝×距離短縮」の好走条件

【クイーンS/データ攻略-後編】連対率“驚異”の100%を示す穴馬 実績下位も「洋芝×距離短縮」の好走条件

クイーンステークス2022 データコラム一覧

▼その他、過去10年データ傾向
◆【クイーンステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【クイーンステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/クイーンステークス2021】3番人気テルツェットが雨のなかクビ差で差し切って重賞2勝目

アイビスサマーダッシュ2022予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】内枠の「重賞ハンター」が堅軸か 穴馬候補は「美浦の中堅騎手」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】満を持して千直参戦の“刺客”に高評価「A」 「充実一途の感あり」

◆【追い切り診断】“千直の鬼”にまさかの低評価「B」 実績上位も「状態面からは推しづらい」

◆【追い切り診断】ライオンボスを上回る「A」評価は“新興勢力” 「時計以上の動き」を披露

◆【追い切り診断】有力馬に最高評価「S」 前走敗戦から「目標の一戦へ万全の調整」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の盲点 「逆襲の条件は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走惜敗で“人気落ち”の妙味 「買い目には加えておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「乗り替わり」がプラスに働く

◆【危険な人気馬】実績上位の人気馬は“消し”評価 「上積みは見込みづらい」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】マリアズハートは“鬼門”の3枠 断然優位の8枠には伏兵陣がずらり

◆【血統傾向】条件合致で複回収値「560」に上昇 オッズ2桁想定の伏兵

◆【脚質傾向】逃げ・先行が圧倒も、単回収値「118」を誇る前走10番手以下に警戒

◆【前走ローテ】主力は新潟“千直”組 3年連続連対のライオンボスは「判断不能」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「クイーンステークス2022-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします