【Dリーグ】2年連続MVD “B BOY” ISSEIの“これまで”と“これから” 「パリ五輪だけがダンスじゃない」

プロダンスDリーグで2年連続最優秀ダンサーに輝いたISSEI 撮影: SPREAD編集部

6月30日、チケット完売の盛り上がりでチャンピオンシップが開催され、セカンドシーズンの幕が閉じたDリーグ。そこで見事、チームとしての優勝、そして2年連続で最優秀ダンサーに贈られるMVDを獲得した名実共にトップ中のトップ・ダンサー、KOSÉ 8ROCKSISSEIに、再びインタビューの機会を得た。彼は同時に、今後はDリーグを一時離れて活動してゆくことも表明しており、そんな“渦中”のISSEIからどんな話が聞けるのか、いささか興奮ぎみに現場におもむいた。

◆全選手が命を削ってきたセカンドシーズン・フィナーレにダンスのさらなる可能性を見た 栄冠はエイトロックスに

■人間技とは思えない不可思議な動きの連続

様々なスタイルのダンスが踊られるDリーグだが、その全チームの中でも、エイトロックスが踊るブレイキンは、世界中の若者に支持される熱きストリート・ダンススタイルであり、極めてアクロバティックでダンサブルな点が特徴だ。また特に、エイトロックスのオリジナルスタイルである、複数のダンサーが一人のダンサーの腕や足を掴んで、まるで体操の鉄棒の演技のようにぐるぐると大きく回す“組み技”は、いったいどうしたらあんな動きが可能となるのか、人間技とは思えない不可思議な動きの連続で、その大迫力は毎回会場を最も大きく沸かしていたことも印象に残っている。また、あのような動きを作り出すことは、各ダンサーのスキルももちろんだが、タイミングや相手のその瞬間の状態を感じとる感性を含め、深い信頼と互いの身体を大切にする気持ちが全員に伴って初めて可能となる技であろう。

真摯に言葉をひとつひとつ選んで話すISSEI 撮影: SPREAD編集部

6歳でブレイクダンスの世界へ足を踏み入れ、これまでも数々の世界大会で優勝を飾るなど輝かしい実績と実力を有している“B BOY”ISSEIに、コーセーエイトロックスのディレクターとして白羽の矢が当たったのはDリーグの創成期である2年前。ちょうどコロナで、思うようにダンスをしづらくなってきたタイミングだったこともあり、迷うことなく新しい世界へ飛び込んだという。全チームのディレクターの中でも最年少ではあったが、ダンス歴では負けていない。また、彼の周りには、これまで世界で戦ってきた実績と経験、そして何よりダンスへの愛がオーラとなって纏わりついているように感じさせる素敵なバイブスが漂っている特別なダンサーだ。

今回、インタビューのための約束場所に現れた彼も、やはりいつもの通り、リラックスした空気を身にまとい、柔らかな笑顔で“これまで”と“これから”を語ってくれた。

■Dリーグの2年間で得たもの

「Dリーグでの2年間はとにかくすべてに感謝しかありません。エイトロックスで戦えて本当に良かった。最初は自分がチームを引っ張っていかなきゃいけないのかなと思っていましたが、始めてみたら頼れる存在が沢山いて、本当にみんなが助けてくれて協力してくれた。喧嘩も一度もしたことがなく、皆で沢山の人の前で踊れる楽しさも手伝って、もともと好きだったダンスがさらに好きになりました。充実して幸せでした。もちろん、楽しいだけではなく、なかなか勝てないときがあったり、大変で苦しかったり悔しかったことも沢山ありました。でも、ダンスでこんなにも色々な感情になれるってことは素晴らしいことで、それだけ熱中している証拠なんだなと思いました。本当に一緒に戦ってくれたメンバーに感謝しています。特にセカンドシーズンのチャンピオンシップでは、(トーナメント制のため)同日に3種のナンバーで闘うために前日まで1日12時間くらい練習して、もうわけわからないくらい頑張りました。それで優勝して、みんなで“レペゼン”できた時は、もうここで死んでもいい!(笑)と思うくらい幸せで泣きました」。

レペゼンとは、ヒップホップ界の用語で、「代表する、象徴する」といった意味合いを持つ。日頃から「ブレイキンの可能性をもっともっと広げてゆきたい」と語っているISSEIにとって、この日本発のプロダンスリーグで優勝することは、「ブレイキンを世の中にレペゼンする」という自らの使命を全うしたことにもなったのだろう。

パリ五輪よりダンス「ブレイキン」が種目として追加が決まり、スポーツ界からもダンスそのものが着目される世の中となった。ISSEIがDリーグから離れる事実は、五輪への専念なのかという見方もされた。これにISSEは「パリ・オリンピックに向けては、オリンピックだからといってそれだけをガチガチに目指してはいないです。もちろんビッグイベントですし頑張りますが、その日、その時にならないとわからないのがブレイキンですから。常に今、目の前にあることに熱中していきながら、自分を磨いて、“道筋をこう”と決めてしまうことはないです。面白いイベントやフィールドがあればそこでもやる。色んな場所でブレイキンができればいいと思うし、大会だけではなく、映像やファッション的分野まで、道をいっぱい作れたらと思っています。選択肢がブレイキンをやっている子たちに沢山あるといいし、色んな形がブレイキンの場として生まれてくるといいなと日々考えています」と自身の可能性を狭めることなく捉えているとした。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします