【MLB】大谷翔平、本拠地ファン総立ちの“逆転”22号3ラン 実況「ショーヘイ、スゴーイ!」

第22号3ランを放ったエンゼルス大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦に「1番DH」で先発出場。3回の第2打席で今季22号3ランを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、試合をひっくり返す22号逆転3ランに本拠地ファン総立ち

■試合をひっくり返す逆転3ラン

大谷は前日の試合で4打数無安打。この試合の第1打席まで10打席連続ノーヒットだったが、ここで打棒が爆発した。

2点を追いかける3回無死一、二塁の場面、大谷は相手先発グレン・オットが投じた2球目内角低めのチェンジアップを強振すると、打球は角度33度の放物線を描いて右中間スタンドへ着弾、逆転となる今季22号3ランとした。26日(同27日)のカンザスシティ・ロイヤルズ戦以来4試合ぶりの一発は、飛距離424フィート(約129メートル)、打球速度108.3マイル(約174キロ)だった。

凄まじい打球音を響かせ、右中間スタンド中段へ届いた特大の一発に、現地放送局は「右中間の深くにかっ飛ばしました! ショーヘイ、スゴーイ!」と興奮の様子を届けた。

エンゼルスはこの一発で一時逆転。再逆転を許したものの8回裏の猛攻で5点を加え、9ー7で連敗を止めた。

◆【実際の映像】大谷翔平、試合をひっくり返す22号逆転3ランに本拠地ファン総立ち

◆大谷翔平、22号逆転3ランに「ボールの破壊者」と現地メディアも仰天

◆スーパースターたちの間でMVP論争勃発 大谷翔平かアーロン・ジャッジか 割れる意見

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします