【レパードS/危険な人気馬】スピード能力高い人気馬は“消し”評価 「4角で後退していくケースも」

7日、新潟競馬場でレパードS(GIII、ダ1800m)が行われる。

出走予定馬を見てみると、ジャパンダートダービーで4着に健闘したハピを筆頭に、ともに2勝クラスを圧勝したホウオウルーレットや、タイセイドレフォン、関東オークスで2着に好走したラブパイローも参戦する。1番人気は【4-3-2-1】と最多の4勝を挙げ、勝率40.0%、複勝率80.0%と高水準。軸としての信頼度は高い。2番人気は【2-1-1-6】で及第点といったところだが、3番人気は【0-2-0-8】、4番人気は【0-1-0-9】と物足りず、14年以降は毎年6番人気以下が3着以内に入っていることからも一筋縄ではいかない。馬連平均配当は14231円。17年以降は傾向が一変。過去5年で50倍を下回った年はないだけに今年も波乱の様相だ。

◆【レパードステークス2022予想/追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

【レパードS/追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

今回、レパードSの「危険な人気馬」として取り上げるのは、関東オークスで2着に好走したラブパイローだ。

■スピード上位のラブパイロー

ラブパイローは、前走は押してハナへ立ち、平均ペースに持ち込んで4角からロングスパートを仕掛けた。直線半ばまでは2番手以下を離していたが、残り1ハロンで勢いが鈍ってしまい2着に終わってしまった。しかし、芝でもオークスに出走したことを踏まえるとその実績は胸を張れるもの。持ち前のスピードを発揮できれば上位進出の可能性十分だ。

しかし、今回不安材料が2点ある。それは、「馬体重」と「新潟の馬場への適性」だ。

まずは「馬体重」について述べる。馬体重別成績を見てみると、

・馬体重
└459キロ以下【1-2-0-14】
 勝率5.9%、複勝率17.6%
└460-479キロ【4-0-1-25】
 勝率13.3%、複勝率16.7%
└480-499キロ【3-3-5-41】
 勝率5.8%、複勝率21.2%
└500-519キロ【1-3-1-29】
 勝率2.9%、複勝率14.7%
└520キロ以上【1-2-3-9】
 勝率6.7%、複勝率40.0%

中でも、520キロ以上が複勝率40.0%と優秀な成績を記録している。

ラブパイローは前走479キロで460-479キロラインに該当するため【4-0-1-25】と最多の4勝を挙げているホットゾーンに入るものの、ずばり「勝つか負けるか」の成績。夏の牝馬は調子を上げてくるため、調教も緩めることなくメイチで仕上げてくる可能性が高いわけだが、さすがに今回はメンバーも強く、揉まれる可能性も高い。

◆【レパードステークス2022予想/データ攻略-後編】連対率「100%」が強力後押しする“惑星” 波乱の使者の資格は十分

【レパードS/データ攻略-後編】連対率「100%」が強力後押しする“惑星” 波乱の使者の資格は十分

つぎに「新潟の馬場への適性」について説明したい。ラブパイローのダートの戦歴を見てみると、

・ラブパイローのダート戦歴
└新馬戦(良) →3着
└2歳未勝利(稍重) →4着
└2歳未勝利(良)  →6着
└2歳未勝利(稍重) →1着
└カトレアS(稍重) →15着
└関東オークス(稍重)→2着

このように、「稍重」のような脚抜きの良い馬場で好走が目立っており、特に前走の関東オークスも芝馬向きの馬場が功を奏して逃げ粘れた感も強い。ただ、オークスでも先行できていたようにスピード能力自体は高いが、今回はパンパンの良馬場の新潟となることに加え、強力な牡馬の先行勢も揃っているため粘れず4角で後退していくケースも大いに考えられる。

以上の不安点から、ここは馬券的な妙味も考え、人気一角のラブパイローを「消し」とする。今年のメンバー構成と道中のペースをイメージすれば、展開不問で自在な脚質を持っているホウオウルーレットを中心に、タイセイドレフォンハピトウセツ(抽選対象馬)ら、ある程度のポジションから競馬ができ、ハイペースでも瞬時に反応ができる馬を上位に評価したい。

▼その他、穴馬予想
◆【レパードステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定“8人気前後”の伏兵 「このメンバーなら地力は上位」

【レパードS/穴ライズ】想定“8人気前後”の伏兵 「このメンバーなら地力は上位」

◆【レパードステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の盲点 「妙味十分で積極的に買い」

【レパードS/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の盲点 「妙味十分で積極的に買い」

◆【レパードステークス2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「真価を発揮できる舞台」で波乱を演出

【レパードS/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「真価を発揮できる舞台」で波乱を演出

レパードステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

◆【追い切り診断】「A」評価は人気一角の有力馬 高値安定状態で「伸び脚自体は力強い」

◆【追い切り診断】「地力はトップクラス」も気持ちが乗っていない 想定1人気に不満の「B」評価

◆【追い切り診断】伏兵にホウオウルーレットと並ぶ「A」の高評価 「抜群の集中ぶり」で通用の気配

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ホウオウルーレットに「0%」の不安要素 ビックネームに並ぶ有力馬とは

◆【データ攻略-後編】連対率「100%」が強力後押しする“惑星” 波乱の使者の資格は十分

◆【エルムステークス&レパードステークス2022予想/騎手データ】北の大地は大ブレイク中の騎手に熱視線 新潟は「連対率50%」のジョッキーに注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイセイドレフォンは2年連続3着の2枠 人気一角は条件合致で“100%”の好枠に

◆【血統傾向】想定2桁人気の爆穴に条件合致 単回収値「290」に“大幅上昇”

◆【脚質傾向】有力馬に“不安”材料 狙いは単回収値「153」の差し

◆【前走ローテ】中心視はJDD組のハピ 古馬条件戦“圧勝”の3騎も侮れず

文●西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします