【エルムS2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

第27回エルムS(GIII、ダ1700m)の枠順が5日、JRAより発表された。

8連勝中のブラッティーキッドが3枠4番、連覇を狙うスワーヴアラミスが7枠12番、昨年の2着馬で重賞初制覇がかかるオメガレインボーが3枠3番、前走・マリーンS2着のウェルドーンが4枠6番に入った。

2013年と昨年は函館競馬場での開催だったが、今年は札幌開催。ここでは、過去10年の札幌ダート1700mのオープンクラス以上のレースを基にしたデータ傾向から予想のヒントになる「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【エルムステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【エルムS2022】過去10年の前走レースから読み解く狙うべき馬とは

◆【エルムステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【エルムS2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【動画プレーバック/エルムステークス2021】2番人気オーヴェルニュが6馬身差をつけるコースレコード勝ち

■前走ローテ

※グラフが表示されない場合はこちら

3枠が好成績

・最多タイとなる2回の優勝をしており、複勝率トップとなる42.9%の3枠にオメガレインボーブラッティーキッドが入った。
 ⇒同枠の馬が3番人気以内に推されていた場合の成績が、【2-2-1-1】勝率33.3%、連対率66.7%、複勝率83.3%となっている。

同コースを得意とする騎手

・最多となる18勝をしているのが池添謙一騎手(ヒストリーメイカーに騎乗)

・複勝率43.3%とトップの値を誇るのが武豊騎手(ウェルドーンに騎乗)

レパードステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

◆【追い切り診断】「A」評価は人気一角の有力馬 高値安定状態で「伸び脚自体は力強い」

◆【追い切り診断】「地力はトップクラス」も気持ちが乗っていない 想定1人気に不満の「B」評価

◆【追い切り診断】伏兵にホウオウルーレットと並ぶ「A」の高評価 「抜群の集中ぶり」で通用の気配

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気前後”の伏兵 「このメンバーなら地力は上位」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の盲点 「妙味十分で積極的に買い」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「真価を発揮できる舞台」で波乱を演出

◆【危険な人気馬】スピード能力高い人気馬は“消し”評価 「4角で後退していくケースも」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ホウオウルーレットに「0%」の不安要素 ビックネームに並ぶ有力馬とは

◆【データ攻略-後編】連対率「100%」が強力後押しする“惑星” 波乱の使者の資格は十分

◆【エルムステークス&レパードステークス2022予想/騎手データ】北の大地は大ブレイク中の騎手に熱視線 新潟は「連対率50%」のジョッキーに注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイセイドレフォンは2年連続3着の2枠 人気一角は条件合致で“100%”の好枠に

◆【血統傾向】想定2桁人気の爆穴に条件合致 単回収値「290」に“大幅上昇”

◆【脚質傾向】有力馬に“不安”材料 狙いは単回収値「153」の差し

◆【前走ローテ】中心視はJDD組のハピ 古馬条件戦“圧勝”の3騎も侮れず

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします