【レパードS/追い切り診断】「地力はトップクラス」も気持ちが乗っていない 想定1人気に不満の「B」評価

■タイセイドレフォン

【中間調整】前走・弥富特別が古馬との初対戦だった。上々の出脚からイン4番手を確保すると、直線に向いて進路を外へ切り替え、そこからは一方的な展開。持ったままで後続を突き放し、結局2着に8馬身差という圧勝を収めた。直後はジャパンダートダービー(JDD)に進む可能性も模索されたようだが、陣営は休養を選択。ノーザンファームしがらきで英気を養い、7月5日に栗東へ帰厩している。10日にCWで14-14をこなしたのが初時計。そこから徐々にCW併せ馬で負荷を強めてきた。1週前追いは3歳未勝利と併せられ、アオられた末に4馬身の遅れ入線に終わっている。

◆【レパードステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の盲点 「妙味十分で積極的に買い」

【レパードS/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の盲点 「妙味十分で積極的に買い」

【最終追い切り】ここまでの調教量は十分。最終追いはCWで単走・終い重点の内容を消化するに留まる。全体的に気乗りしない雰囲気があり、直線での気合い注入にもやや反応は鈍かったが、伸びそのものは軽快だった。

【見解】稽古では基本地味なタイプではあるが、中間の併せ馬3本ですべて遅れ入線。最終追いも時計こそまずまずながら、気持ちが乗っていないような雰囲気なのはどうか。JDD回避の経緯は明らかでないが、成長促進以外になんらかの課題があったのかも知れず、その点も気になる。地力は間違いなくトップクラスだが、人気ほどの信頼は置きづらいところだ。

総合評価「B」

▼その他、追い切り診断
◆【レパードステークス2022予想/追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

【レパードS/追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

◆【レパードステークス2022予想/追い切り診断】「A」評価は人気一角の有力馬 高値安定状態で「伸び脚自体は力強い」

【レパードS/追い切り診断】「A」評価は人気一角の有力馬 高値安定状態で「伸び脚自体は力強い」

◆【レパードステークス2022予想/追い切り診断】伏兵にホウオウルーレットと並ぶ「A」の高評価 「抜群の集中ぶり」で通用の気配

【レパードS/追い切り診断】伏兵にホウオウルーレットと並ぶ「A」の高評価 「抜群の集中ぶり」で通用の気配

レパードステークス2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気前後”の伏兵 「このメンバーなら地力は上位」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の盲点 「妙味十分で積極的に買い」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「真価を発揮できる舞台」で波乱を演出

◆【危険な人気馬】スピード能力高い人気馬は“消し”評価 「4角で後退していくケースも」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ホウオウルーレットに「0%」の不安要素 ビックネームに並ぶ有力馬とは

◆【データ攻略-後編】連対率「100%」が強力後押しする“惑星” 波乱の使者の資格は十分

◆【エルムステークス&レパードステークス2022予想/騎手データ】北の大地は大ブレイク中の騎手に熱視線 新潟は「連対率50%」のジョッキーに注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイセイドレフォンは2年連続3着の2枠 人気一角は条件合致で“100%”の好枠に

◆【血統傾向】想定2桁人気の爆穴に条件合致 単回収値「290」に“大幅上昇”

◆【脚質傾向】有力馬に“不安”材料 狙いは単回収値「153」の差し

◆【前走ローテ】中心視はJDD組のハピ 古馬条件戦“圧勝”の3騎も侮れず

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします