【小倉記念2022】過去10年の前走レースから読み解く狙うべき馬とは

14日に小倉競馬場で第58回小倉記念(GIII、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

前走・鳴尾記念2着で重賞初制覇を狙う良血馬ジェラルディーナ、前走・マーメイドS2着のマリアエレーナ、連覇を狙うモズナガレボシ、前走・中京記念6着からの巻き返しを図るカデナ、前走・中京記念が2年連続2着となったカテドラルらが出走予定だ。

ここでは予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【小倉記念2022】調教動画&参考レース

◆【小倉記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【小倉記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【動画プレーバック/小倉記念2021】9人気モズナガレボシが後方から大外で差し切って重賞初挑戦で初制覇

◆【小倉記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【小倉記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

■前走ローテ

※グラフが表示されない場合はこちら

上記データから、下記の条件に該当する登録馬をピックアップする。

前走・七夕賞の該当馬

・ヒュミドール(5着)
・プリマヴィスタ(9着)
・ショウナンバルディ(11着)

前走・七夕賞組は馬券に絡んだ頭数が7頭と1番多いが、成績は【2-1-4-36】勝率4.7%、連対率7.0%、複勝率16.3%と該当ローテ組が多いこともあり好成績とは言い切れない。また、本レースでは4、5歳馬が優勝9回、2着8回なだけにこの条件に該当するプリマヴィスタに注目したい。

前走・鳴尾記念の該当馬

・ジェラルディーナ(2着)

該当ローテの頭数は多くないが、1着が最多となる3頭が絡んでおり【3-0-0-3】と勝率50.0%を誇っている。1着になった3頭中2頭が当日1番人気だっただけに、当日1番人気に推されるようであれば頭にしたいところだ。

関屋記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】「どうしても気になる」 辛口「B」評価は人気一角のイルーシヴパンサー

◆【追い切り診断】高評価「A」は人気の実績馬 重苦しさを一切感じない「好仕上がり」

◆【追い切り診断】イルーシヴパンサーを上回る最高評価「S」 絶品な伸びは「絶好の気配」

◆【追い切り診断】ダノンザキッドに並ぶ「A」評価の伏兵 「勝ち負けの走りがあって不思議はない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の伏兵 「まとめて差し切るシーンがあっていい」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走惜敗で“人気落ち”の実力馬 「大激走があっていい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“2桁”の上がり馬 「タイトル奪取があっても驚けない」

◆【危険な人気馬】重賞好走中の人気馬は“消し”評価 「連対馬の条件を満たしていない」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ウインカーネリアンを「馬券内率100%」が後押し 人気一角の不安要素とは

◆【データ攻略-後編】前走東京組に「馬券内率100%」の伏兵 上積み大の要注目馬とは

◆【騎手データ】ダノンザキッドに“黄信号” 狙いは「馬券内率5割」を誇る関東のジョッキー

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気馬が連対率ゼロ%の“鬼門”に イルーシヴパンサーは1枠1番

◆【血統傾向】距離短縮ローテで単回収値「484」に合致 想定“2桁人気”の穴馬

◆【脚質傾向】逃げの単勝回収値がトップ「168」も、注目すべき上がり3Fの順位

◆【前走ローテ】本命の中京記念組が不在 狙うべき穴馬とは

◆【動画プレーバック/関屋記念2021】4人気ロータスランドが内から押し切って重賞初制覇

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします