桐生祥秀、土屋太鳳からのバトンパスに興奮隠さず「男としていい経験になりました」

11月24日、アスリート、芸能人、一般ランナーら536名がバトンをつないで42.195kmを走り切るイベント「アシックス41195DASH!!」が代々木公園陸上競技場で開催された。

開催日は2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会開幕の20ヶ月前。大会への気運を醸成するために開催された同イベントには、桐生祥秀選手、福島千里選手、土屋太鳳さんらも参加した。

選手宣誓

選手宣誓を担当したのは福島千里選手とパラ陸上競技の山本篤選手。

土屋太鳳がスタートの合図

「男としていい経験になりました」

この日のイベントで42.195kmを走り切ったタイムは「2時間14分39秒」。男子マラソンの世界記録には及ばなかったが、女子の世界記録(2時間15分25秒)を上回る記録を達成し、会場は大盛り上がり。

最後の走者、桐生選手にバトンを渡した土屋さんは、「こんな場所で桐生選手にバトンをつなげるなんて、一人オリンピック気分でした」と喜びを吐露。

桐生選手も「普段バトンをもらうのは男ばかりなので、こんなに綺麗な人からもらったら、やる気が上がります。男としていい経験になりました」と興奮を隠さなかった。

《関連記事》

土屋太鳳、地元の渋谷区で桐生祥秀にバトンパス!まるで「1人気分オリンピック」?

福島千里が東京五輪に懸ける思い…目の前の辛さを乗り越えるための思考法とは

ケンブリッジ飛鳥も引退後はサッカー選手に?ウサイン・ボルトへの憧れ

大迫傑がマラソンをはじめて気づいたこと「アメリカに染まらなくてもいい」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします