土屋太鳳、地元の渋谷区で桐生祥秀にバトンパス!まるで「1人気分オリンピック」?

11月24日、アスリート、芸能人、一般ランナーら約536名がバトンをつないで42.195kmを走り切るイベント、「アシックス41195DASH!!」が代々木公園陸上競技場で開催された。

開催日は2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会開幕の20ヶ月前。大会への気運を醸成するために開催された同イベントには、桐生祥秀選手、土屋太鳳さんらも参加した。

土屋さんは渋谷区の公立中学校(渋谷区立松濤中学校)を卒業しており、代々木公園陸上競技場は走ったり、バスケをした経験がある”青春時代の思い出の場所”だという。

スタートの合図を担当した土屋さん。「42195……ダッシュ!」とスターターピストルを鳴らした。

イベントのスタートが30分ほど遅れてしまったため、メディアをはじめたとした参加者に配慮する土屋さん

スタートの号令をしたあと、音に驚き耳を指差す土屋さん

普段1人でランニングすることが基本だという土屋さん。「バトンを渡してくれた男の子のパワーを桐生さんに繋ごうとしっかり走りました」と、アンカーの桐生選手に、全力疾走でバトンを渡した。

「こんな場所で桐生選手にバトンをつなげるなんて、1人気分オリンピックでした」と感慨深げだった。

《関連記事》

桐生祥秀、土屋太鳳からのバトンパスに興奮隠さず「男としていい経験になりました」

福島千里が東京五輪に懸ける思い…目の前の辛さを乗り越えるための思考法とは

ケンブリッジ飛鳥も引退後はサッカー選手に?ウサイン・ボルトへの憧れ

大迫傑がマラソンをはじめて気づいたこと「アメリカに染まらなくてもいい」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします