【今週の決戦】最下位争いの鍵を握るリードオフマンの対決 広島・野間峻祥 vs. 中日・岡林勇希

マツダスタジアムで行われる5位・広島カープ対6位・中日ドラゴンズの3連戦は、3ゲーム差の最下位争い。ここでは調子を上げているリードオフマン対決に注目だ。

◆【今週の決戦】セ月間打率1位と2位タイの対決 広島・マクブルーム vs. DeNA 宮﨑敏郎

■今季の対戦成績は中日の11勝6敗

広島で鍵を握るのが、野間峻祥

プロ8年目の今季、5月下旬から1番打者として出場を増やし、今季ここまで64試合に出場して打率.317、11打点。まだ今季ノーアーチで規定打席不足ではあるが、8月3日から6試合連続マルチ安打を記録するなど打撃好調で打率3割超え。リードオフマンとして存在感を見せている。

さらに今季の中日戦は対戦打率.343(35打数12安打)の好相性。前回の中日3連戦(7月29〜31日)では第1戦、第2戦では計1安打のみだったが、31日の第3戦では4安打の固め打ち。それ以来の中日戦で“再爆発”を期待したい。

 一方の中日は岡林勇希に期待だ。

高卒3年目の20歳という若き外野手は今季、開幕から出番を与えられた中で攻守にアグレッシブなプレーを披露し、今季ここまで102試合に出場して打率.281、22打点。こちらもノーアーチではあるが、不動のリードオフマンだった大島洋平が新型コロナ感染で抹消されてからは1番打者として出場している。そして今季の広島戦は対戦打率.365(63打数23安打)の好成績を残している。前回の広島3連戦(7月29〜31日)では第1戦で3安打猛打賞をマーク。最下位脱出へ向けて力を発揮したい。

両チームの今季の対戦成績は中日の11勝6敗で、中日が現在4連勝中だ。果たして流れは変わるのか。ゲーム差3で迎える今カードの勝負の行方は、「野間vs.岡林」が握っている。

◆阪神のエース青柳晃洋 vs. エースキラー中日・大島洋平

◆日本球界復帰、広島・秋山翔吾に相対する中日・大野雄大の心境は…… “黄金の88年生まれ”の対決

◆巨人のルーキー守護神・大勢のバースデー登板、バースデーセーブに立ちはだかるは中日・高橋周平か

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします