【アジアクロスカントリーラリー】新生チーム三菱ラリーアート、トライトンとともについに始動

テスト中のトライトン 提供 : 三菱自動車

2022年6月、ついに新生チーム三菱ラリーアートが始動した。

11月に開催されるアジアクロスカントリーラリーAXCR)に出場するピックアップトラック「トライトン」の現地タイでの耐久テストである。2日間800キロ以上、実戦を想定したテストにチームは手ごたえを感じているようだ。

開催地域の特徴からタフな4WDピックアップトラックで出場する現地チームが多く、トヨタ・ハイラックス、いすゞ・D-Max(日本未発売)などが戦線に加わるだろう。

三菱ラリーアートといえば、かつての世界ラリー選手権(WRC)やダカールラリーでの活躍から、それらでの実戦復帰を望む声は内外に多い。しかし経営的にASEAN市場に軸足を置く三菱自動車にとって実戦復帰にふさわしい場所であり、現地チーム(タントスポーツ)とのジョイント、現地生産車での出場は順当な選択だ。

◆三菱ラリーアート、再参戦へのシナリオ 前編 新規定は前プロト同様に有利か…

■アジアクロスカントリーラリーとは……

2009年AXCRを走るトライトン(KB9T型) 提供: 味戸厚二

アジアクロスカントリーラリーは、FIA (国際自動車連盟)公認のクロスカントリーラリーである。

毎回異なる2,000キロあまりのルートを1週間前後で走破する。日本でもっとも知られているダカールラリーに比べて距離や期間こそ短くも思えるが、未舗装路やサーキットに加え、密林や大きな岩の露出したルートも設定されたこともある。それに加えて大雨がルートを一変させ、高温多湿な気象条件は肉体的にも精神的にもクルーを追い詰める。

日本ではコアなラリーファンや一部のオフロード4WD車のファン以外にはあまり知られていないラリーだが、私の「戦友」でもあり、かつて三菱トライトンでAXCRに実際に出場した味戸厚二氏 (元ラリーアートマネージャー)、高塚清之氏 (三菱自動車国内フィールドサービス部)に話を聞いた。

味戸氏は三菱自動車のモータースポーツ事業会社だった株式会社ラリーアートの社員として業務に励むかたわら、国内オフロードレースでも活躍し2005年にAXCRに初出場。以後2010年まで三菱トライトンで出場を続け、ほぼ毎回クラストップ10フィニッシュを飾っている。

味戸選手の戦果の数々  提供: 味戸厚二

「AXCRは東南アジアの複数の国にまたがって開催され、日々刻々と路面状況が変化しマシンにもクルーにも過酷なラリーでした。わずかな油断がミスやトラブルを呼び、当然それらは順位にも大きく影響を与えます。そのような中でも安定した精神、ドライビングが試されるラリーと言えるでしょう」。

AXCRはメーカーのワークスチームが大挙エントリーするイベントとは違い、日本や現地のプライベートチームが主体となるラリーだ。味戸氏も自らスポンサー獲得活動を行ってのプライベートチーム編成で出場している。芸能人をクルーに起用してのプロモーションなども過去にはあり、そのような試みが見られるのも特徴と言っていいだろう。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします