【今週の決戦】ホーム14連勝中のDeNAを止めるは、ハマスタで打率5割の広島マクブルームか

貯金6の2位・横浜DeNAベイスターズと借金3の3位・広島カープのAクラス同士の3連戦の舞台は横浜スタジアムだ。DeNAが球団新記録となるハマスタ14連勝中という中で、両チームの“4番対決”が鍵を握る。

◆【今週の決戦】8月防御率5.56のロッテ佐々木朗希と楽天・岸孝之、3度目の投げ合いを制するのは…

■マクブルームは対DeNA打率.396、ハマスタ打率.500

DeNAの4番は牧秀悟

プロ2年目にしてすでにベテランの風格を漂わせながら、今季ここまで94試合出場で打率.280、17本塁打、63打点をマーク。得点圏打率.344はリーグ2位を誇る。その上で球場別の成績を見ると、本拠地・横浜では43試合で打率.356、9本塁打、36打点で他のどの球場よりも好成績を収めており、さらに対戦チーム別の成績では、広島戦が最も相性が良く、17試合で対戦打率.343、4本塁打、14打点。16日、17日の巨人との2連戦は計7打数でタイムリー1本の1安打のみとおとなしかったが、18日からの今カードでは爆発間違いなしだ。

対する広島の4番は、来日1年目のマクブルームだ。

パワー自慢の新助っ人は今季、開幕当初こそ目立たなかったが、時間の経過とともに日本野球に順応し、ここまで97試合出場で打率.282、12本塁打、53打点の優良っぷり。得点圏打率.309も牧には及ばないが、チームトップの数字。そして横浜スタジアムでのプレーは3試合のみと少ないが、12打数6安打の打率.500、対戦チーム別ではDeNA戦が最も好相性で12試合、打率.396、2本塁打、9打点の好成績を残している。
 
「4番」と言えば常に打線の中心であるが、今カードでは普段以上に注目度が高くなる。「牧 vs. マクブルーム」、ともに好相性を誇る4番同士の対決が、DeNAの連勝記録更新の行方を大きく左右する。

◆見たかった初対決! 完全試合男・佐々木朗希 vs. ノーヒッター山本由伸の投げあい

◆日本球界復帰、広島・秋山翔吾に相対する中日・大野雄大の心境は…… “黄金の88年生まれ”の対決

◆村上宗隆や千賀滉大だけじゃない 米専門サイトが将来のMLB挑戦を期待する5選手

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします