【札幌記念/データ攻略-前編】ソダシとパンサラッサに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

今週は札幌競馬場で札幌記念(芝2000m)が行われる。

昨年の覇者ソダシvs国際GI勝ち馬パンサラッサ、同馬と同じ逃げ脚質であるジャックドールの「3強対決」に注目が集まる今年。それ以外にも香港ヴァーズ2勝のグローリーヴェイズやオークス馬ユーバーレーベンなど伏兵陣も大物喰いに虎視眈々。この夏一番といっても過言ではない豪華メンバーが覇を競う。

データで紐解く今年の札幌記念。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【札幌記念2022予想/騎手データ】条件合致で驚異の数値上昇も 注目は伏兵に跨る“勝率75%”のジョッキー

【札幌記念/騎手データ】条件合致で驚異の数値上昇も 注目は伏兵に跨る“勝率75%”のジョッキー

■連覇を目指すソダシに死角はあるのか

前走ヴィクトリアマイルで3つめとなるGIタイトルを獲得。連覇を目指して出走するのがソダシだ。もはやこの馬に対して「白毛のアイドルホース」という二つ名は不要。3戦3勝の洋芝替わりで連覇濃厚と言いたいところだが、ここは「血」の不安要素が立ちはだかる。

・距離延長で芝2000m重賞に臨むクロフネ産駒【0-2-4-41】

GI馬には優れたマイラーの名前が並ぶクロフネ産駒。そのなかで現れたソダシは突然変異と呼べるものかもしれないが、上記データ該当馬にはすでにGIを制していたフサイチリシャールやアエロリットの名前も。それらの馬が馬券外に敗れていた事実は見逃せない。

キャリアを重ねるたびに適距離が短くなる傾向があるクロフネ産駒。昨年喫した3度の惨敗がいずれも1800m以上の距離だったことを踏まえたとき、連覇に向けて黄色信号が灯る可能性は否定できないだろう。

◆【札幌記念2022予想/追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 走れる状態だが「キンキンの仕上げではない」

【札幌記念/追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 走れる状態だが「キンキンの仕上げではない」

■パンサラッサを後押しする「タイトルホルダー不在時」

昨年秋から本格化。ついには国際GI・ドバイターフを制するまでに成長したパンサラッサ。強力な同型も出走する今回、同馬に立ちはだかる壁は決して低くないがこの馬に関してはある「天敵」の有無がキーポイントなのかもしれない。

・昨年秋以降のタイトルホルダー出走時成績【0-0-0-2】
・昨年秋以降のタイトルホルダー不在時成績【4-0-0-0】

象徴的だったのが前走宝塚記念。好スタートを切ったタイトルホルダーにハナを切らすまいと600m通過33秒台のハイラップを余儀なくされ、直線入り口付近で早々に先頭を奪われた。並の逃げ馬なら心が折られて大失速となるシチュエーションだが、残り200mあたりまで2番手で粘っていたのはこの馬の精神力をおいて他ならないだろう。

パンサラッサのデータの補足をすると、叩き2戦目の成績【1-2-0-0】、芝で距離短縮ローテの成績【1-2-0-1】、前走から斤量減での成績【2-1-0-1】と今回は好走データが目白押し。天敵・タイトルホルダー不在の今回は今年3度目となる逃げ切り勝ちに期待したいところだ。

▼その他、データ予想
◆【騎手データ】条件合致で驚異の数値上昇も 注目は伏兵に跨る“勝率75%”のジョッキー

【札幌記念/騎手データ】条件合致で驚異の数値上昇も 注目は伏兵に跨る“勝率75%”のジョッキー

◆【データ攻略-後編】実績馬が“人気落ち”の妙味 「馬券内率100%」が強力な後押しに

【札幌記念/データ攻略-後編】実績馬が“人気落ち”の妙味 「馬券内率100%」が強力な後押しに

札幌記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】本格化を迎えた想定オッズ“40倍”前後の穴馬 「買い目に加えておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走惨敗で“人気落ち”の実力馬 「上位争いに加われる」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の刺客 「自慢の末脚でまとめて差し切る」

◆【危険な人気馬】文句なしの実績上位のGI馬を“消し”評価 「気になる同型の存在」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】伏兵にジャックドールと並ぶ「A」評価 「互角の走りがあって驚けない」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 走れる状態だが「キンキンの仕上げではない」

◆【追い切り診断】前走で力を証明した実績馬に「A」の高評価 「ほぼ万全の仕上がり」

◆【追い切り診断】パンサラッサを上回る最高評価「S」 絶好の気配で「文句の付けようがない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】勝率0%の“鬼門”にパンサラッサとジャックドール ソダシは5枠10番に入る

◆【血統傾向】驚異の単回収値「1195」に合致 想定“10人気”以下の穴馬に期待

◆【脚質傾向】差しが最多の5勝で圧倒も、条件合致で勝率50%越えのデータとは

◆【前走ローテ】ソダシに追い風もハヤヤッコに逆風 好成績組が不在も“前走掲示板”に注目

◆【動画プレーバック/札幌記念2021】ソダシが史上3頭目となる3歳牝馬での勝利を飾り重賞5勝目

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022札幌記念-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします