【MLB】大谷翔平、375フィート・フェンス直撃 今季6本目の2点タイムリー・スリーベース

ライトへのタイムリー三塁打を放った大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は26日(日本時間27日)、敵地ロジャーズ・センターで行われたトロント・ブルージェイズ戦に「3番DH」で先発出場。2回の第2打席にフェンス直撃の2点タイムリー・スリーベースを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、375フィート・フェンス直撃のタイムリー三塁打

■今季6本目の三塁打、リーグ2位

エンゼルス2点リードの場面、2回1死二、三塁で大谷に打席がまわると、相手先発ミッチ・ホワイトが投じたスライダーを強振、ライトが追うのをほぼ諦めた打球は、右翼フェンス「375」フィートと描かれたフェンスを直撃。ボールが転々とする中、大谷は快足を飛ばし、三塁を陥れた。

大谷の当たりは380フィート(約116メートル)。あと1メートルで28号となった大飛球だった。三塁打は今季6度目でア・リーグ2位となっている。

なお、エンゼルスはこの回に5点を挙げる猛攻を見せ、4回を終え、7-0でリードしている。

◆【実際の映像】大谷翔平、375フィート・フェンス直撃の特大タイムリー三塁打

◆「そして誰もいなくなった」エンゼルス、今日先発シンダーガード、守護神イグレシアス、ホープのマーシュを放出

◆大谷翔平のトレードが実現しなかった理由 「エンゼルスの要求が高過ぎたか」米メディア解説

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします