【ラ・リーガ】レアル・ソシエダ久保建英、2勝目貢献にチーム2番目から3番目の高採点

開幕から3戦連続先発出場した久保建英 (C)Getty Images

ラ・リーガ第3節、レアル・ソシエダは敵地で昨季リーガ13位のエルチェと対戦。日本代表の久保建英は前節までと同じく、[4-3-1-2]システムの2トップで先発出場。チームの1―0の勝利に貢献した。ソシエダはリーガ3試合で2勝目。現地各紙では久保に軒並みチーム2番目から3番目の高採点がついている。

今週、ソシエダはスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクがイングランド・プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドへ完全移籍することを発表した。イサクは開幕から久保と2トップを組むFWで、典型的なストライカータイプ。ソシエダにはイサクの他に本職FWが19歳の若手ホン・カリカブルしかおらず、エルチェ戦での2トップの人選に注目が集まっていた。

◆レアル・ソシエダ久保建英が「古巣」バルセロナと激突 カンテラ時代の恩師「彼は黄金世代最高のスター」と称賛

■久保は新たなホットラインを確立か

そんな中、久保は本職がサイドアタッカーのモハメド・アリ・チョとの2トップで先発。前節までと同様にセカンドトップとして前線から中盤に引いたり、サイドへ流れて攻撃の起点となった。ショートコーナーから鋭いシュートで相手GKを強襲する場面もあった。

特に元スペイン代表のレジェンドMFダビド・シルバとのポジションチェンジはこの日も軽快。想像力豊かな日西2人のレフティが奏でる攻撃に、今夏加入のMFブライス・メンデスも巧みに絡んだ。

スペイン代表歴もある25歳のメンデスは、中堅のセルタでの約5年間でリーガ150試合以上に出場してきた実力者だ。この日は久保が中盤に下がって出来たスペースを狙って相手DFライン裏に抜け出し、決勝点を挙げる活躍ぶり。右サイドでシルバと久保、メンデスが入れ替わり、立ち替わりするポジションの循環とボールの流れは試合を経るごとに精度を増している。

イサクの流出で久保の起用法にも注目が集まったが、久保にとっては新たに強力なホットラインを構築できる選手との連携が積み上がった試合だった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします