【MLB】大谷翔平、日本人初の2年連続30号は、ライバル・ジャッジが見上げる特大130m逆転弾

日本人初の2年連続30号を達成した大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は31日(日本時間9月1日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦に「3番DH」で先発出場。6回の第3打席、センターオーバーの特大30号3ランを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、ジャッジの前でセンターへの130mライナー弾 会心のガッツポーズ

■新たな偉業を成し遂げる

MVPを争うアーロン・ジャッジとの直接対決第3ラウンド、大谷がライバルの前で2試合ぶりの30号を放ち本拠地ファンを熱狂させた。

6回1死一、二塁で迎えた第3打席、大谷は相手先発ゲリット・コールが投じた3球目の速球を強振。打球は角度24度のライナーでセンターへ一直線、逆転の今季30号3ランとした。2試合ぶりとなる一発は、飛距離427フィート(約130メートル)、打球速度107.3マイル(約173キロ)の特大弾。一塁を回った大谷は会心のガッツポーズを見せた。

これで大谷は日本人メジャー選手初となる2年連続シーズン30本塁打に到達し、新たな偉業を成し遂げた。なお、試合はエンゼルスが逆転、6回を終え、3ー2とリードしている。

◆【実際の映像】大谷翔平、ジャッジの前でセンターへの130mライナー弾 会心のガッツポーズ

◆「ジャッジはアクセルを踏み続けなければ、大谷翔平に追い抜かれる」MVPレースの行方を考察 米メディア

◆大谷翔平、盗まれた本塁打 天敵・ヤ軍コールから119m大飛球も30号ならず

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします