【MLB】大谷翔平 、2試合連発の31号でMVP獲得へ前進か 「3番DH」スタメン

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は2日(日本時間3日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるヒューストン・アストロズ戦に「3番DH」で先発出場する。

大谷は前回のニューヨーク・ヤンキース戦で、6回の第3打席にセンターへの逆転3ランを放ち、日本人メジャー選手として初めて2年連続30本塁打を達成。エンゼルスを3-2の勝利に導く活躍を見せた。

◆【実際の映像】大谷翔平、ジャッジの前でセンターへの130mライナー弾 会心のガッツポーズ

■4試合3発で量産体制入るか

相手先発のランス・マッカラーズJr.は、2017年にオールスターに選出され、昨季は13勝を挙げる働きを見せた28歳右腕。今季はここまで3試合の登板で1勝1敗、防御率1.69の成績。8月に今シーズン初登板を飾ったばかりで、大谷とは今季初対戦。通算では16打数3安打。

大谷はMVPを争うアーロン・ジャッジとの直接対決となるヤンキースとの3連戦で1試合目は勝ち越し、3試合目では逆転決勝本塁打を放ち、ライバル相手に強烈な存在感を示した。8月の月間打率は3割を超え、ここ4試合で3本塁打と量産体制に入った。

MLB史上初となる10勝と30本塁打を同時達成。2年連続MVP獲得に向け突き進む大谷が、本塁打王争いでトップを独走するジャッジにどこまでプレッシャーをかけられるか。勝負をかけた1カ月でどこまでその実力を誇示できるか、注目したい。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 SS フレッチャー  
2番 CF トラウト 
3番 DH 大谷  
4番 2B レンヒーフォ  
5番 RF ウォード
6番 1B フォード      
7番 3B ダフィー 
8番 LF アギラール
9番 C サイス 
SP  デトマーズ

◆大谷翔平、日本人初の2年連続30号は、ライバル・ジャッジが見上げる特大130m逆転弾

◆「ジャッジはアクセルを踏み続けなければ、大谷翔平に追い抜かれる」MVPレースの行方を考察 米メディア

◆大谷翔平、11勝目翌日の28号弾含む猛打賞に敵軍メディアも「オオタニがMVP」だと絶賛の声

試合情報

エンゼルス-アストロズ
9月3日(土)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします