【新潟記念/データ攻略-後編】コース替わりで「馬券内率75%」、前走惜敗で人気落ちの穴馬とは

前編ではヒートオンビートイクスプロージョンのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【新潟記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

【新潟記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

■データが導く2022新潟記念の穴馬候補は

<穴候補2 ディアマンミノル>

重賞ではあと一歩の競馬が続く馬。フルゲートかつ混戦ムード漂うメンバー構成にあって後方一気の脚質も不安視されているが、今回はコース替わりが味方しそうだ。

・直線の長い平坦芝コースの成績【1-1-1-1】

馬券外に敗れたのは京都芝外回りで施行された菊花賞のみ。その京都開催がお休みであることがこの馬の成績に影響している感があり、近走は急坂コースでの戦いを余儀なくされていた。久々に巡ってきた平坦コースかつ直線の長い舞台。穴妙味は十分だ。

◆【新潟記念2022予想/危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

【新潟記念/危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

<穴候補2 サンレイポケット>

かつては新潟大賞典を制したこともある馬。実績を踏まえると近走はやや心もとない成績という言い方もできてしまうが、この馬で強調したいデータがこちら。

・新潟芝2000mの成績【1-1-1-0】

馬券内率に換算すると驚異の100%。それぞれ7.5.3人気での好走と価値は高く、よほどこの舞台が合っているのだろう。極悪馬場の前走函館記念は参考外。得意の条件替わりで見直したい1頭と言える。

▼その他、データ予想
◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

【新潟記念/データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

◆【騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

【新潟記念/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

新潟記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】攻め気配は上々の有力馬に最高評価「S」 「勝負気配の高さを物語る」

◆【追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

◆【追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

◆【追い切り診断】好走続く人気一角に「A」評価 「馬自身成長を実感している」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

◆【危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】エヒトは連対率0%の“鬼門”に ヒートオンビートは3枠5番

◆【血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

◆【脚質傾向】差しが最多5勝はコースの特徴 注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】夏を締めくくる難解なハンデ重賞 注目ローテはサマー2000シリーズ

◆【動画プレーバック/新潟記念2021】外ラチ沿いから前走14着の穴馬マイネルファンロンが差し切り重賞初制覇

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022新潟記念-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします