【新潟記念/追い切り診断】好走続く人気一角に「A」評価 「馬自身成長を実感している」

■フェーングロッテン

【中間調整】3歳オープン・白百合Sを逃げ切って快勝。重賞初挑戦だった前走・ラジオNIKKEI賞では好位に控え、直線では内を突いて抜け出し快勝を収めている。脚力はもちろん、違った形で連勝できたあたり競馬センスも相当高そうだ。その後は休養し、菊花賞を最大目標に新潟記念かセントライト記念で1回使うことを予定。牧場での回復が順調だったようで、古馬相手となるこの新潟記念に駒を進めてきた。8月11日にノーザンファームしがらきから栗東へ戻り、14日の初時計としてCW14-14を消化。17日には坂路4F52秒8-1F12秒5(馬なり)と帰厩当初から高水準の時計を出せているあたり、ケアは相当順調だったようだ。24日の1週前追いには松若風馬騎手が跨り、追走した馬に届かずの遅れ入線に終わったが相手は小倉2歳S出走を控える快速タイプのロンドンプラン。フェーングロッテン自身、好バランスの走りで時計も速かった。

◆【新潟記念2022予想/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

【新潟記念/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

【最終追い切り】1週前の併せ馬である程度の負荷が掛かっており、レース当週は坂路で単走・馬なり。セーブ気味ではあるが、それでも活気を削がないよう序盤から速いラップを刻んで進むと、ラストもまったくの馬なりながら、滑らかに加速できていた。

【見解】そこまで派手な時計は出せていないものの、春先はもっと稽古で動かなかった馬。成長カーブ急上昇なのか、放牧を挟んでからの帰厩後は以前より楽に時計を出せるようになったのがいい。最終追いは重苦しさ皆無で、伸び伸びと動けており、馬自身成長を実感しているような走りだった。好仕上がり。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】攻め気配は上々の有力馬に最高評価「S」 「勝負気配の高さを物語る」

【新潟記念/追い切り診断】攻め気配は上々の有力馬に最高評価「S」 「勝負気配の高さを物語る」

◆【追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

【新潟記念/追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

◆【追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

【新潟記念/追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

新潟記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

◆【危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

◆【データ攻略-後編】コース替わりで「馬券内率75%」、前走惜敗で人気落ちの穴馬とは

◆【騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】エヒトは連対率0%の“鬼門”に ヒートオンビートは3枠5番

◆【血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

◆【脚質傾向】差しが最多5勝はコースの特徴 注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】夏を締めくくる難解なハンデ重賞 注目ローテはサマー2000シリーズ

◆【動画プレーバック/新潟記念2021】外ラチ沿いから前走14着の穴馬マイネルファンロンが差し切り重賞初制覇

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします