【新潟記念/血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

4日に新潟競馬場で行われる新潟記念(GIII、芝2000m)の「血統傾向」を分析する。

今年の天皇賞・春4着馬ヒートオンビートや、昨年の新潟大賞典以来の重賞制覇を狙うサンレイポケット、2連勝中の上り馬イクスプロージョン、鳴尾記念6着から巻き返しを狙うカイザーバローズら、サマー2000シリーズ最終戦に個性豊かな実力馬が集まった。

◆【新潟記念2022予想/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

【新潟記念/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

ここでは、血統データから読みとく新潟記念の推奨馬を紹介する。

■スピードの持続力に優れた血統

データは2017年以降の新潟記念を集計。3着内馬の血統表は以下の通り。

過去5年、ディープインパクト産駒が最多の25頭出走していながら勝てていない。しかし集計期間外の2014~16年に3連覇しており、一強時代から転換しつつあるようだ。ただ、やはり外回りの芝2000mだけあって、王道血統が強く、キングカメハメハ産駒が最多の2勝を挙げる活躍ぶり。母父も2018年から4年連続で馬券になっており、現在はキングカメハメハの血がトレンドと言えそうだ。

また、新潟記念は、直線が長いため、瞬発力勝負になりやすいが、スタートしてすぐ1000m近く直線を走るなど直線走破距離が長く、ペースが流れやすい。そのため、消耗戦になり息の長いスピードの持続力の高さが必要となってくる。そのためスピードの持続力に富んだキングマンボ系のキングカメハメハの血が台頭しているのだろう。さらに、もっとも直近に行われた先週の3歳未勝利(新潟芝2000m)では10番人気のラブリーデイ産駒アオカミが2着に入るなどキングマンボ系のワンツー決着。現在の馬場もフィットしてそうなだけに今回はキングマンボ系の馬から推奨馬をピックアップしたい。

◆【新潟記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

【新潟記念/穴ライズ】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

1頭目は上位人気になることは確実だが、父がキングカメハメハのヒートオンビートをピックアップ。母は桜花賞馬のマルセリーナと良血で、オープン昇級後、8戦して着外は1度と安定感のある走りを見せている。重賞で3度、2着に好走している戦績からも実力上位は疑いようがない。しかしなかなか勝ち切れていない面があり、頭で狙いにくそうだが、左回りの新潟ならば勝ち切る確率が高いと踏んでいる。なぜならば、この父キングカメハメハ×母父ディープインパクトの牡馬は、芝2000mで7勝を挙げているが、右回りの勝率が11.1%なのに対し、左回りだと、21.4%と倍近く高い。単勝回収率についても、右回りは26%だが、左回りだと110%と期待値が跳ね上がる。特に新潟芝2000mでは一昨年ブラヴァスが新潟記念を勝っているように【2.0.0.2】と得意なコースと言えそう。得意の左回りで真価を発揮できれば、好勝負できるだろう。

2頭目は父がルーラーシップのエヒトを推奨したい。前走の七夕賞では、休み明けながらレースレコードで快勝。今回、小回りの福島から直線の長い新潟へのコース替わりがポイントとなりそうだが、父ルーラーシップ×母父サンデー系の牡馬が新潟の芝レースに出走すると【17.17.13.125】(勝率9.9%、連対率19.8%、複勝率27.3%/単回収値113)となっている。なかでも距離を2000mに絞ると【8.4.4.22】(勝率21.1%、連対率31.6%、複勝率42.1%/単回収値201)。全体の17勝のうち、約半数の8勝を2000mで挙げており、コース替わりは問題ないと判断した。七夕賞でも推奨馬にあげた本馬だが、サマー2000王者がかかっており、陣営の仕上げについてもぬかりはないだろう。連続の好走に期待し、ここでも推奨馬に指名する。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】エヒトは連対率0%の“鬼門”に ヒートオンビートは3枠5番

【新潟記念/枠順】エヒトは連対率0%の“鬼門”に ヒートオンビートは3枠5番

◆【脚質傾向】差しが最多5勝はコースの特徴 注目すべき条件とは

【新潟記念/脚質傾向】差し・追込みが有利なレースも 注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】夏を締めくくる難解なハンデ重賞 注目ローテはサマー2000シリーズ

【新潟記念/前走ローテ】夏を締めくくる難解なハンデ重賞 注目ローテはサマー2000シリーズ

◆【動画プレーバック/新潟記念2021】外ラチ沿いから前走14着の穴馬マイネルファンロンが差し切り重賞初制覇

新潟記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】攻め気配は上々の有力馬に最高評価「S」 「勝負気配の高さを物語る」

◆【追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

◆【追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

◆【追い切り診断】好走続く人気一角に「A」評価 「馬自身成長を実感している」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

◆【危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

◆【データ攻略-後編】コース替わりで「馬券内率75%」、前走惜敗で人気落ちの穴馬とは

◆【騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

文●中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします